20歳で加入する自動車保険はなぜ高い?リーズナブルに加入するポイントをSBI損保が解説!

初めて自動車を購入するときはドキドキしますね。おそらくあなたのこれまでの人生の中で最も高額の買い物ではないでしょうか。その費用は毎月のお給料からコツコツ貯めたものであったり、ボーナスであったり、自動車ローンを組んだりと様々ですが、いずれにせよ初めての自動車の購入は人生における一大イベントであることは間違いありません。

自動車を購入することを決意したあなたは、次に購入後にかかる費用を調べると思います。つまり、自動車の維持費です。ガソリン代、駐車場代、自賠責保険(強制保険)、自動車保険(任意保険)や、毎年5月には自動車税の納付もあります。場合によっては購入費用よりも維持費の方が高いなんてこともあります。私も初めて自動車を購入した後の自動車税の納付書を見て「罰金かな?」と思ったものです。

さて、あなたは運転免許の講習で車の運転にはどのようなリスクがあるかを教えられたと思います。例えば、車で人をひいてしまった、ガードレールにぶつけてしまった、他の車と衝突してしまった、といったものです。このほかにも、あなたは安全に運転していたのに対向車がぶつかってきた、というケースもありますね。これらの事故による経済的損失、つまり被害者(遺族)への賠償、ケガをしたあなたの治療費、ぶつけてしまったあなたの車の修理費などを補償するのが、私たちSBI損保が取り扱っている自動車保険です。

このコラムでは初めて自動車を購入する方に、特に20歳の方向けに自動車保険の仕組み保険料が高くなる理由保険料を抑える方法について説明します。

自動車保険の仕組み

自動車保険の仕組み

自動車保険の仕組みは複雑と思うかもしれません。ここではどのような補償があるか、保険料はどのように決定されるのかの2点に絞って説明します。少し専門的な単語も出てきますが、それぞれに説明ページのリンクを貼っていますので、詳しい説明が必要な場合はそちらをご覧ください。

自動車保険の補償にはどんなものがあるの

自動車保険の補償は以下の4つに大きくわけることができます。それぞれの詳しい説明は「関連するページ」をご確認ください。

  1. 相手方への補償
  2. ご自身・搭乗者の方への補償
  3. お車の補償
  4. 特約(オプションの補償)
相手方への補償とは

①相手方への補償とは
契約自動車の事故によって、他人にケガをさせてしまった場合や他人の物を破損させてしまった場合の補償をいいます。対人賠償保険や対物賠償保険などが該当します。

相手方への補償
ご自身・搭乗者の方への補償とは

②ご自身・搭乗者の方への補償とは
事故によって、契約自動車に乗車中の方がケガをされた場合の補償をいいます。人身傷害補償保険や搭乗者傷害保険などが該当します。

ご自身・搭乗者の方への補償
お車の補償とは

③お車の補償とは
契約自動車が衝突などの偶然な事故によって壊れた場合や、盗難や台風、洪(こう)水にあった場合の補償をいいます。車両保険が該当します。

お車の補償
特約(オプションの補償)とは

④特約(オプションの補償)とは
自転車を走行中に他人に怪我させた、他人の持ち物を壊してしまったなどの場合に補償する自転車事故補償特約といった、上記①〜③に該当しない特別な補償をいいます。

オプションの補償

自動車保険はこれらの補償の中から、あなたがつけておくべき補償を組み合わせて設定します。そのほかに、SBI損保では事故や故障で車が自力走行できなくなった場合のレッカーサービスなどを利用できるロードサービスがすべての契約に付帯しています。

保険料はどうやって決まっているの

自動車保険の保険料は複数の要素によって決定されます。例えば以下のようなものがあります。(▼をクリックで説明が開きます。)

ノンフリート等級

契約者が所有・使用する車の契約台数が他社を含め9台以下の場合の契約に対して適用される割増・割引率の等級のことをいいます。

ノンフリート等級制度について ‐ 等級と割引率の関係

運転者年齢条件、記名被保険者(主に車を運転される方)の年齢

例えば、「運転するのは26歳の自分だけだから、それより下の年齢の運転者が起こした事故は補償の対象から外していいよ」といった設定をするのが運転者年齢条件です。つまり、運転者の年齢によって補償される年齢条件を設定することができます。また、特定の年齢条件の場合は、保険始期日時点の記名被保険者の年齢に基づき料率が決定されます。

「自動車保険の保険料が高くなる理由」の運転者年齢条件、記名被保険者年齢別料率で詳しく説明します。

地域(記名被保険者がお住まいの都道府県)

記名被保険者の住所(都道府県) により、該当する地域区分に応じた保険料を適用します。

用途・車種

自動車保険における「用途」とは、自家用または営業用といった使用形態のことをいい、「車種」とは、普通乗用車や小型乗用車、小型貨物車といった自動車の種類区分のことをいい、これらをあわせて「用途・車種」といいます。「用途・車種」は車検証やナンバープレートの「分類番号」や「色」などにより判定します。この用途・車種によって保険料は異なり、例えば自家用小型乗用車と自家用軽四輪乗用車では同じ契約内容であってもほとんどの場合(※)で自家用軽四輪乗用車の方が保険料が安くなります。ただし、自家用普通乗用車と自家用小型乗用車は契約内容が同じであれば、保険料も同じになります。

<自家用車の用途・車種の例>

ナンバープレートの色 分類番号 用途・車種

3ナンバー

自家用普通乗用車

5、7ナンバー

自家用小型乗用車

5、7ナンバー

自家用軽四輪乗用車

4ナンバー

自家用軽四輪貨物車

4ナンバー

自家用小型貨物車

1ナンバー

自家用普通貨物車

型式別料率クラスや新車割引セーフティ・サポートカー割引(ASV割引) などの条件により必ずしも自家用軽四輪乗用車の方が安くなるとは限りません。

車種・型式(型式別料率クラス)

普通自動車および軽自動車(※)の自動車保険は、自動車検査証に記載される「型式」ごとに下表のとおりに区分された「型式別料率クラス」を用いて、保険料を算出しています。
この、「型式別料率クラス」は、「対人賠償保険」、「対物賠償保険」、「搭乗者傷害保険・人身傷害補償保険」および「車両保険」の4項目ごとにそれぞれ定められ、料率クラスが高くなるほど、保険料も高くなる仕組みとなっています。

軽自動車は、保険始期が2019年12月以前の場合は区分がありません。

保険始期が2019年12月以前の場合 保険始期が2020年1月以降の場合

普通自動車

軽自動車

普通自動車

軽自動車

クラス9
クラス8

クラス2
クラス1

なし

クラス17
クラス16

クラス2
クラス1

クラス3

クラス2

クラス1

リスクが高い
(保険料が高い)

リスクが低い
(保険料が安い)

車の使用目的

契約自動車の使用状況に応じた「業務使用」、「通勤・通学使用」、「日常・レジャー使用」の区分に基づき保険料を適用します。

契約自動車の過去1年間の走行距離

過去1年間の走行距離に応じた区分(走行距離区分)に基づき保険料を設定します。

初めて自動車保険に加入する場合は保険料に影響することはありません。

これらの要素がなぜ保険料に影響するかというと、事故発生のリスクを様々な項目ごとに細分化して統計を取り、それを根拠に保険料率を決定しているためです。例えば、走行距離が長いほど事故発生の確率が高くなりますので、長い人は保険料が高くなり、逆に短い人は安くなる、と考えるとわかりやすいと思います。

そのほかにも保険金額(損害が発生したときに補償される限度額)が多ければ保険料は高くなり、少なければ低くなります。例えば、車両保険(事故等で車を壊してしまった場合の補償)の保険金額が100万円と70万円では、100万円の方が事故時の支払保険金が大きくなることが多いため保険料も高くなります。

自動車保険の保険料が高くなる理由

自動車保険の保険料が高くなる理

「保険料はどのように決まっているの」、で記載したもののなかで、特に20歳のあなたに大きな影響を及ぼす要素としては「運転者年齢条件、記名被保険者(主に車を運転される方)の年齢」と「ノンフリート等級」が挙げられます。ここではその2つの要素について詳しく説明します。

運転者年齢条件と記名被保険者年齢別料率

最初に運転者年齢条件と記名被保険者の年齢によって保険料がどのように変わるのか見てみましょう。まずは次のイメージをご確認ください。

運転者年齢条件と記名被保険者の年齢ごとの保険料イメージ

運転者年齢条件 記名被保険者の年齢 保険料

年齢を問わず補償












21歳以上補償

26歳以上補償

30歳未満

30歳以上40歳未満

40歳以上50歳未満

50歳以上60歳未満

60歳以上70歳未満

70歳以上

概ね、『年齢を問わず補償』が高く、そこから『26歳以上補償 50歳以上60歳未満』まで保険料は安くなり、そこから年齢が上がるにともない保険料は高くなるように設定されています。20歳のあなたが自動車保険を契約すると、年齢条件は「年齢を問わず補償」となり、上記イメージの最も高い区分になります。

次に上の表の区分で実際の保険料がどの程度変わってくるかを比較してみましょう。なお、契約自動車の用途・車種によっても保険料は変わるので、普通自動車と軽自動車のそれぞれでみてみましょう。

車種属性と運転者年齢条件別の相場

運転者年齢条件 年齢を問わず補償 21歳以上補償 26歳以上補償

記名被保険者の年齢

50歳

年間保険料(※)

普通自動車

98,600円

56,400円

36,200円

軽自動車

72,500円

41,800円

27,000円

SBI損保2019年2月始期の契約に対して、運転者年齢条件および記名被保険者の年齢を上表の条件として試算した場合の平均年換算保険料の値を100円単位に四捨五入したもの

いずれの用途・車種においても「運転者年齢条件」と「記名被保険者の年齢」の違いによって、保険料に大きく違いがでることがわかると思います。特に記名被保険者が20歳の方が契約する場合(年齢を問わず補償)と50歳の方が契約する場合(26歳以上補償)では約2.7倍の差がありました。このように、運転者年齢条件と記名被保険者の年齢は保険料に大きく影響します。
なお、上の表の保険料は平均なので目安ではありますが、軽自動車の方が保険料が安くなっています。これには大きく2つの理由があります。1つ目は、そもそも軽自動車の方が普通自動車よりも料率が低く設定されているためです。そのため、同じ条件で保険料を見積もっても軽自動車の方が大抵の場合で安くなります。2つ目の理由は、軽自動車の方が一般的には車両の価格が安いので、車両保険の保険金額を低く設定することになるためです。保険金額を低くすれば保険料は安くなりますからね。

さて、なぜ年齢によって保険料に違いが生まれるのでしょうか。それは、事故発生の確率が年齢層によって異なるためです。以下は警察庁から発表された資料をSBI損保が加工したものです。実際に各年齢層でどの程度の違いがあるのか見てみましょう。

原付以上運転者(第1当事者)の年齢層別免許保有者10万人当たり交通事故件数の推移

(警察庁交通局:「平成29年中の交通事故の発生状況」をもとにSBI損保が加工)

10万人当たりの交通事故件数は20〜24歳の層がもっとも多く、そこから55〜59歳まで減少しているのがわかりますね。つまり自動車を運転するようになってから日が浅く慣れていない若年層は事故件数が多く、運転に慣れるにつれ事故件数は少なくなる傾向があるといえます。このような統計をもとに年齢ごとの保険料率が決められるため、年齢によって保険料に差が生まれることになります。

ノンフリート等級

初めて自動車保険の契約をする場合は6等級(所定の条件を満たした場合は7等級)が適用となり、1年間無事故だと翌年の契約は1等級ずつ上がっていきます。初めて自動車を購入した時に初めて自動車保険に加入するのが普通なので、若い方は長く自動車保険の契約を続けているミドル世代の方に比べて等級が低くなりがちです。ちなみに、ミドル世代は約4割の方が20等級です。

等級が低くなるとどの程度保険料が違うのか見てみましょう。あくまでSBI損保での年間保険料(※)の目安ですが、以下のような感じです。

6等級(S) 20等級

普通自動車

車両保険あり

83,200円

39,700円

車両保険なし

46,500円

21,700円

軽自動車

車両保険あり

65,600円

29,800円

車両保険なし

39,300円

17,600円

SBI損保2019年2月始期の契約に対して、ノンフリート等級を上表の条件として試算した場合の平均年換算保険料の値を100円単位に四捨五入したもの

「こんなに違うのか!」という声が聞こえてきそうですが、逆に言えば、無事故を続けていると、将来はこのくらい保険料が安くなるという見通しともいえますね。

保険料を安くする方法

保険料を安くする方法

安全運転の継続により等級が高くなることで自動車保険料も安くなっている世代に比べて、初めて自動車を購入し運転を始めるあなたにとって、この保険料は大きな負担になるでしょう。ここではその保険料を抑える方法についてお話しします。

初めての自動車保険の等級を8等級以上にする

ノンフリート等級の説明のところにあるとおり、初めて自動車保険の契約をする場合は6等級(所定の条件を満たした場合は7等級)が適用となります。ここで、8等級以上の等級で契約できれば、保険料は安くなります。

「複数所有新規」の条件を満たす場合には、保険料が割安となります。

これは、ある意味「別の自動車」に身代わりになってもらう方法で、いろいろな条件を満たす必要があります。

まずは、その条件の1つとして、以下のすべてを満たす「別の自動車」(以下、A車といいます。)とそのA車を契約自動車とする「自動車保険契約」(以下、「A契約」といいます。)があることが必要です。

  • A車の用途・車種が自家用8車種(自家用普通乗用車、自家用小型乗用車、自家用軽四輪乗用車など)であること
  • A契約の記名被保険者があなたの家族(配偶者または同居の親族など)であること

このA契約の等級をもらって、代わりに自分が適用されるはずだった等級を渡してしまうというのが、ここで紹介する方法です。

例えば、一緒に住んでいる父親のA車[その自動車保険契約はA契約(20等級)]があったとし、あなたが自動車(N車)を購入し、新たにN車に自動車保険を付けることを考えているとしましょう。普通にやると下図の「ストレートな新規加入」のようになり、この例ではN車の契約は7等級が適用となります。

ここで紹介するのは、下図の「新規加入&車両入替」です。上に書いたとおり、一定の条件を満たした場合に限りますが、N車に対して20等級を適用した契約とすることができます。もちろん、N車の自動車保険契約の保険料は「ストレートな新規加入」の場合よりも確実に安くなります。しかし、一方で、A車の自動車保険契約の保険料は7等級が適用されるので高くなります。つまり、身代わりになったのです。

さて、ここまでの説明で、片方(N車の自動車保険契約)の保険料が下がっても、もう片方(A車の自動車保険契約)の保険料が上がるのでは、一家の支出全体で見ると意味がないのでは?と思うかもしれません。

実は、「ストレートな新規加入」と「新規加入&車両入替」では、A契約の保険料とN契約の保険料の合計は同じになりません。もしも同じになったとしたら、それは偶然です。

大雑把に言うと、N車の自動車保険契約の補償を厚くしたり、車両保険金額を大きくしたり、年齢条件を低くしたりすると、一家の支出全体で見ても「新規加入&車両入替」の方が安くなります。もっとも、実際にどちらが安くなるかは保険会社に見積もってもらわないと断定できないので、この条件に当てはまる場合で、気になる方は保険会社に相談してみるといいでしょう。
また、「新規加入&車両入替」で自動車保険の申込手続きをする場合は、A契約に対する変更の手続きが必要となるうえに、保険会社から条件を満たしているか確認を求められる事項や提出が必要となる書類がありますので、余裕をもって相談することをおすすめします。

保険料が安い車(軽乗用車または型式別料率クラスが低い車)にする

あなたが、どの車を購入するか迷っているのであれば候補の車ごとに見積りを作って見比べてみましょう。車によっては車両保険をつけると保険料が高額になって予算を超えてしまうといったこともあるので、購入前に比較検討するのは大切です。

SBI損保の「無料お見積り」ページでは、候補の車の情報(初度登録年月と型式)があれば保険料がどのくらいになるのか概算の見積りを作ることができます。候補の車が新車であれば、初度登録年月は購入予定の年月、型式はメーカーのカタログで確認できます。中古車であればどちらも販売店に聞きましょう。中古車情報サイトで探しているのであればページ内に情報が掲載されていることが多いようです。

まとめ

下にここまで記載した情報をまとめました。ここまでお読みいただきありがとうございます。あなたのカーライフが良きものであることを祈っています。

  1. 自動車保険の仕組み
    • 自動車保険の補償は、相手方への補償、ご自身・搭乗者の方への補償、お車の補償、特約(オプションの補償)の大きく分けて4つがあります。
    • 保険料は、ノンフリート等級や運転者の年齢条件などの要素によって変わります。これらはリスク細分化して取られた統計をもとに決定されています。
  2. 自動車保険の保険料が高くなる理由
    • 統計上、運転者の年齢が若いと事故率が高く、そのため保険料が高くなる傾向にあります。
    • 初めて自動車保険契約をする場合は6等級が適用となるため、等級の上がったミドル世代に比べて若い方はノンフリート等級が低くなり、保険料が高くなる傾向にあります。
  3. 保険料を抑える方法
    • 自動車の購入と同時に新たに自動車保険を契約する場合、家族の契約を身代わりにその等級を適用した引き継ぐことができる場合があります。等級を引き継ぐには条件を満たす必要があります。
    • 自動車の必要な情報さえあれば保険料の見積りを取ることができます。どの自動車を購入するか迷っているのであれば、自動車保険の保険料がどのくらいなのかも購入の際の判断材料になるでしょう。

このコラムは、車の購入を検討中の初めて自動車保険に加入する20歳の方向けに執筆したものです。また、2019年3月時点の情報に基づき執筆されています。このコラム中の「軽自動車」とは自家用軽四輪乗用車、「普通自動車」とは自家用普通乗用車・自家用小型乗用車のことを指します。

執筆:M.L 商品業務部 商品管理課

法学部卒。損保業界歴10年超。運転歴も10年超。友人と行った夏前の4泊5日北海道一周ドライブ旅行は最高でした。友人が運転をほんの少しでも手伝ってくれたならもっと最高だったと思います。