自動車保険トップ

事故・故障時のご連絡

SBI損保安心ホットライン
(事故・故障時の連絡先)

24時間365日受付

ご加入をご検討中の方

お見積り・お申込み・
資料請求のお問い合せ

ご契約者の方

必ず、契約者ご本人さまからお電話をお願いいたします。また、お手続きならびにご回答に際しましては、ご本人様確認をさせていただきますので、あらかじめご了承ください。

ご契約内容の変更・訂正・
解約等に関するお問い合せ
  • IP電話などをご利用のお客さまで上記が繋がらない場合には、0570-200-825(有料)へお掛けください。
ご継続手続きに関するお問い合せ
  • IP電話などをご利用のお客さまで上記が繋がらない場合には、0570-200-825(有料)へお掛けください。

シニアのお客さま、その他お問い合せ

オペレーターがゆっくり丁寧にご案内するシニアのお客さま専用ダイヤルや、その他のお問い合せ・画面操作のご案内はこちらから。

シニアのお客さま
画面操作のご案内・その他お問い合せ

SBI損保へのご意見・苦情

ご意見・苦情・メールでのお問い合せ

すべてのお電話は、応対品質向上のため録音させていただいております。あらかじめご了承ください。また、お電話をいただいた際、通知された発信者番号へ折り返しご連絡させていただく場合がございます。

法人のお客さま

2022/9/1以降保険始期よりお申込みいただけます。

2022/9/1以降保険始期よりお申込みいただけます。

業界初! SBI損保の法人向け自動車保険は、インターネットでのお申込みが可能です。
まずはお見積りから!下記の無料お見積りボタンからお進みください。

※2022年4月SBI損保調べ

SBI損保ならインターネットからの新規お申込みで保険料14,000円割引

※2022/9/1以降始期の場合:一括払は14,000円、月払は毎月1,170円、合計14,040円となります。

以下は、ご契約のお引受けができませんのでご了承ください。
  • フリート契約(10台以上のフリート契約はお申込みいただけません。)
  • 自家用8車種以外 ※詳しくはこちら
  • 記名被保険者が法人でない場合

〜SBI損保の法人向け
自動車保険3つの特長〜

特長1

法人契約のお申込みがインターネットで簡単に!

お見積りからご契約まですべてインターネット上でお手続きいただけます。

  • 1

    お見積り

    お見積りでは、法人名等の登録は不要です

  • 2

    プラン選択

    用途に合わせて補償内容を選択

  • 3

    お申込み・お支払い

    マイページ登録後、Web上で完結(印鑑不要)

  • 4

    補償開始

    最短で申込翌日から補償開始

リーズナブルな保険料

SBI損保の自動車保険は代理店を介さず、ネットで手続きができるダイレクト型の自動車保険です。
コストを抑え、お手頃な保険料を実現しました。
インターネットでのお申込みで、インターネット割引14,000円が適用されます。

※2022/9/1以降始期の場合:一括払は14,000円、月払は毎月1,170円、合計14,040円となります。

保険料の一例

CASE1

16等級

クラウンの場合

車両保険金額
600万円
走行距離
年間5,000-10,000km以下
一括払の場合
55,340
月払の場合
4,980
【算出条件】型式:ARS220、割引:新車割引、ノンフリート等級:16等級(事故有係数適用期間0年)
CASE2

20等級

プロボックスの場合

車両保険金額
160万円
走行距離
年間10,000-15,000km以下
一括払の場合
58,470
月払の場合
5,260
【算出条件】型式:NSP160V、ノンフリート等級:20等級(事故有係数適用期間0年)
算出条件(共通)

法人契約、保険始期:令和4年9月、初度登録年月:令和4年8月、使用目的:業務使用、年齢条件:26歳以上補償、割引:インターネット割引、記名被保険者:法人、お車の主な保管場所:東京都、対人賠償保険:無制限、対物賠償保険:無制限、人身傷害補償保険:3,000万円(契約自動車搭乗中のみ補償)、搭乗者傷害保険:なし、車両保険種類:一般車両、車両自己負担額:5-10万円、契約形態:継続契約以外

インターネット割引

新規お申込みで14,000円割引

インターネットで新規お申込手続きを完了された場合に適用されます。

※2022/9/1以降始期の場合:一括払は14,000円、月払は毎月1,170円、合計14,040円となります。

特長2

法人向けに最適な補償プランを選べます

基本的な補償に加え、お客さまのニーズに合わせた補償範囲・補償プランの設定が可能です

SBI損保の自動車保険は、「対人賠償保険」や「対物賠償保険」といった基本補償はもちろん、乗車中の方への補償、お車の補償、さらに事故でお車の修理中のレンタカー費用を補償する特約など、必要な補償を組み合わせてご加入いただけます。

補償される運転者の範囲

運転者の年齢条件

運転される方の年齢条件を限定することにより保険料を割り引きます。

年齢を問わず補償21歳以上補償26歳以上補償

*法人のご契約では、補償となる運転者範囲を設定する運転者限定はどなたでも運転できる「限定なし」のみとなります。




相手方への補償

対人賠償保険

臨時代替自動車補償特約

臨時代替自動車補償特約

自動的にセットされます

臨時代替自動車補償特約

契約自動車が整備・修理・点検等のために整備工場等の管理下にあって使用できない間に、臨時に借りたお車の事故でも、契約自動車の契約内容に従い、保険金をお支払いします。また、臨時に借りたお車の保険に優先してお支払いすることができます。

  • 1.
    歩行者、相手の車の搭乗者の方などを死傷させてしまった場合の賠償責任(対人賠償保険)
  • 2.
    相手の車や自転車、ガードレールや街頭などを破損させてしまった場合の賠償責任(対物賠償保険)
  • 3.
    借りたお車の損害(車両損害)
  • 4.
    借りたお車使用中の単独事故によるケガなど(自損事故保険)
ご注意
  • 借用中の自動車には、記名被保険者、その役員・使用人が所有する自動車は含まれません。
  • 車両損害については、借用中の自動車の時価額を限度に保険金をお支払いします。

対物賠償保険

被害者救済費用等補償特約

被害者救済費用等補償特約

自動的にセットされます

ご自身・搭乗者の方への補償

無保険車傷害保険

無保険車傷害保険

自動的にセットされます

自損事故保険

自損事故保険

自動的にセットされます













人身事故補償保険

人身事故補償保険

人身事故補償保険

契約自動車の事故により、乗車中の方が亡くなられたりケガをされたりした場合などに、治療費や休業損害・逸失利益などを補償する保険です。

*自賠責保険や事故の相手方などから支払われる損害賠償額を差し引いた額をお支払いします。

  • 法人のご契約で人身傷害補償保険をセットする場合、人身傷害保険種類は「契約自動車搭乗中のみ補償」となります。
搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険

お車の補償

対物差額修理費用補償特約

対物差額修理費用補償特約

弁護士費用等補償特約

弁護士費用等補償特約

弁護士費用等補償特約

契約自動車の事故で、ケガをしたり物を壊された場合に、1回の事故につき被保険者1名あたり300万円を限度に、相手との交渉や訴訟で必要となる弁護士報酬や訴訟費用などをお支払いします。
お客さまに過失がない場合に相手側から訴えられたときの弁護士報酬や訴訟費用などについても対象となります。

車両損害に関するレンタカー費用補償特約

車両損害に関する
レンタカー費用補償特約

車両積載動産補償保険

車両積載動産補償保険

車両積載動産補償保険

契約自動車で外出中に偶然な事故により車内の大切な持ち物が壊れてしまった場合に生じた損害に対して、保険金をお支払いします。
たとえば、トランクに積んだゴルフ道具が事故の衝撃により壊れてしまった場合などにお支払いします。
お支払いする保険金は、実際の損害額から自己負担額(5,000円)を引いた額(50万円限度)となります。

ご注意
  • 本特約は保険期間中に追加付帯することはできません。予めご了承ください。
  • 以下のものは補償の対象となりません。
  • 通貨、現金、有価証券類、預貯金通帳
  • 貴金属など
    (詳しくは普通保険約款・特約をご参照ください)

全損時諸費用保険金特約




相手方への補償

対人賠償保険

臨時代替自動車補償特約

臨時代替自動車補償特約

自動的にセットされます

臨時代替自動車補償特約

契約自動車が整備・修理・点検等のために整備工場等の管理下にあって使用できない間に、臨時に借りたお車の事故でも、契約自動車の契約内容に従い、保険金をお支払いします。また、臨時に借りたお車の保険に優先してお支払いすることができます。

  • 1.
    歩行者、相手の車の搭乗者の方などを死傷させてしまった場合の賠償責任(対人賠償保険)
  • 2.
    相手の車や自転車、ガードレールや街頭などを破損させてしまった場合の賠償責任(対物賠償保険)
  • 3.
    借りたお車の損害(車両損害)
  • 4.
    借りたお車使用中の単独事故によるケガなど(自損事故保険)
ご注意
  • 借用中の自動車には、記名被保険者、その役員・使用人が所有する自動車は含まれません。
  • 車両損害については、借用中の自動車の時価額を限度に保険金をお支払いします。

対物賠償保険

被害者救済費用等補償特約

被害者救済費用等補償特約

自動的にセットされます

ご自身・搭乗者の方への補償

無保険車傷害保険

無保険車傷害保険

自動的にセットされます

自損事故保険

自損事故保険

自動的にセットされます













人身事故補償保険

人身事故補償保険

人身事故補償保険

契約自動車の事故により、乗車中の方が亡くなられたりケガをされたりした場合などに、治療費や休業損害・逸失利益などを補償する保険です。

*自賠責保険や事故の相手方などから支払われる損害賠償額を差し引いた額をお支払いします。

  • 法人のご契約で人身傷害補償保険をセットする場合、人身傷害保険種類は「契約自動車搭乗中のみ補償」となります。
搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険

お車の補償

車両保険

車両保険

対物差額修理費用補償特約

対物差額修理費用補償特約

弁護士費用等補償特約

弁護士費用等補償特約

弁護士費用等補償特約

契約自動車の事故で、ケガをしたり物を壊された場合に、1回の事故につき被保険者1名あたり300万円を限度に、相手との交渉や訴訟で必要となる弁護士報酬や訴訟費用などをお支払いします。
お客さまに過失がない場合に相手側から訴えられたときの弁護士報酬や訴訟費用などについても対象となります。

車両損害に関するレンタカー費用補償特約

車両損害に関する
レンタカー費用補償特約

車両積載動産補償保険

車両積載動産補償保険

車両積載動産補償保険

契約自動車で外出中に偶然な事故により車内の大切な持ち物が壊れてしまった場合に生じた損害に対して、保険金をお支払いします。
たとえば、トランクに積んだゴルフ道具が事故の衝撃により壊れてしまった場合などにお支払いします。
お支払いする保険金は、実際の損害額から自己負担額(5,000円)を引いた額(50万円限度)となります。

ご注意
  • 本特約は保険期間中に追加付帯することはできません。予めご了承ください。
  • 以下のものは補償の対象となりません。
  • 通貨、現金、有価証券類、預貯金通帳
  • 貴金属など
    (詳しくは普通保険約款・特約をご参照ください)

全損時諸費用保険金特約

ロードサービス比較表の詳細

*2021年7月SBI損保調べ。
*法人のご契約では、以下の特約・割引は適用できません。
【特約】
ファミリーバイク特約、車内外身の回り品補償特約、自宅・車庫等修理費用補償特約、自転車事故補償特約、他の自動車運転危険補償特約、個人賠償責任危険補償特約
【割引】
証券不発行割引(保険証券は必ず発行となります)、ゴールド免許割引

特長3

ロードサービスが無料付帯

事故や故障により自力走行できない場合や、鍵の閉じ込みなど、
お車に関するさまざまなトラブルに対応するロードサービスが法人契約も無料付帯されます。
さらに一定の条件を満たしたお客さまに、従来のサービス内容に加え、SBI損保安心ロードサービス【プレミアム】をご提供いたします。

※一定の条件はこちら

基本サービスメニュー

距離無制限のレッカーサービス

最寄りの修理工場※1まで距離無制限。お客さま指定の修理工場などは50kmまで無料

緊急対応サービス

バッテリー上がり・ジャンピング※2・鍵の閉じ込みなどのトラブル発生時に30分程度の緊急対応が無料

落輪引き上げ・乗り上げ時の引き降ろしサービス※3

落輪や縁石などへの乗り上げ、雪道・砂浜などでのスタックの場合などに無料

ガソリン補給サービス

ガス欠で動けなくなった場合、ガソリンまたは軽油10リットルが無料※2

帰宅・宿泊・搬送・引取りサービス

現地で復旧できない場合の帰宅費用、宿泊費用、修理後搬送費用をサポート※4

  • ※1
    SBI損保安心ロードサービスデスクが指定する最寄りの修理工場となります。
  • ※2
    保険期間内で1回までとなります。
  • ※3
    すべての車輪が路上に無い場合の作業は有料となります。
  • ※4
    宿泊費用は1名あたり1泊15,000円限度となります。帰宅費用における交通手段は、トラブル現場からご自宅または当面の目的地までの最も合理的な経路および方法である場合の交通費を限度とします。タクシー代については原則として、トラブル発生現場最寄りの駅まで、または、帰宅/目的地までの移動が困難で宿泊せざるをえない場合に宿泊施設までの移動および宿泊施設から宿泊施設最寄り駅までおよびご自宅最寄り駅からご自宅までにかかった金額を支払います。

法人契約に関するQ&A

Q保険料領収証の発行は可能ですか。
A

可能です。お手数ですが、SBI損保サポートデスクまでご連絡ください。
【SBI損保サポートデスク】
0800-8888-834
営業時間:9:00〜18:00(12/31〜1/3を除く)

Q個人契約と法人契約で事故を起こしてしまった時の対応の相違点はありますか?
A

個人契約と法人契約による違いはございません。
事故の受付は、フリーコールで24時間365日行っております。被害事故であっても、保険金のお支払いの対象となる場合がありますので、事故に遭われた際は必ずご連絡ください。

事故や故障、ロードサービスに関するお問い合せSBI損保安心ホットライン

0800-2222-581

24時間365日

  • IP電話などをご利用のお客さまで上記が繋がらない場合には、0570-550-627(有料)へお掛けください。
Qロードサービス【プレミアム】へのグレードアップは個人契約と法人契約で異なりますか。
A

個人契約と法人契約で異なります。
法人契約は以下いずれかに該当する場合、【プレミアム】サービスの対象になります。

  • 「SBI損保の自動車保険」のご契約を継続して3年目以降であること。
  • 「SBI損保の自動車保険」のご契約に、次の補償・特約をすべて付帯していること。
    [車両保険(一般車両)][全損諸費用保険金特約][車両積載動産補償特約][車両損害に関するレンタカー費用補償特約(保険金額10.000円)]
  • 「SBI損保の自動車保険」および「SBI損保のがん保険」(法人契約:福利厚生)に加入していること。

*「SBI損保の火災保険」ご加入の有無は、法人契約では対象外になります。

2022年6月 21-0615-12-001