自動車税などの税金について解説します

自動車に関する税金について、疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。自動車の購入や保有に対しては、いくつかの税金の支払義務が発生します。自動車取得時には自動車取得税、消費税が、自動車を保有し、使用している場合には自動車重量税、自動車税、ガソリン税などが課税されます。
自動車に関する税金には、自動車税や自動車取得税、自動車重量税など複数あり、何に対して、いつ支払うのか分かりにくいものですよね。ここでは自動車に関する税金を整理して、詳しくご説明します。

目次

自動車の税金の種類

自動車税は都道府県税にあたります

自動車の税金には、大きく分けて購入時にかかる税金と保有にかかる税金の2種類があります。

前述したとおり、購入時にかかる税金には、自動車税、自動車取得税、消費税、自動車重量税が挙げられます。このうち、自動車税と自動車重量税は保有時にもかかります。また、ガソリン税も保有時にかかる税金です。

  課税される税金の種類
購入時にかかる税金

自動車取得税、消費税、自動車重量税、自動車税

保有にかかる税金

自動車税、自動車重量税、ガソリン税

自動車の購入にかかる税金

排気量などの条件によって自動車税は軽減されます

自動車の購入にかかる税金について、それぞれの概要を確認していきましょう。ここでは、自動車取得税、消費税について確認していきます。

自動車取得税

自動車取得税は、自動車を取得した人に課税される地方税です。
納税額は以下の通りですが、自動車の取得価額が50万円以下の場合は課税されません。

● 自家用自動車・・・取得価額(※1)の3%
● 営業用自動車、軽自動車・・・取得価額の2%

平成29年4月1日から平成31年3月31日までの間に一定の要件を満たす自動車を新車として取得した場合は、エコカー減税として税率が軽減されます。また、同期間に一定の要件を満たす中古車を取得した場合には、取得価額から一定の額が控除されます。

なお、自動車取得税については、以前から「消費税との二重課税ではないか」という議論が起こっており、消費税が8%に引き上げられた時点で税率が引き下げられています。平成31年に予定されている消費税10%への引き上げのタイミングで、自動車取得税は廃止され、環境性能割(※2)という新しい制度が導入される見込みです。

取得価額は、税事務所で使われている「自動車取得税の課税標準基準額及び税額一覧表」に記載されている課税標準基準額に残価率(自動車の経過年数を考慮して算出された掛け率)を乗じて計算される価額のことを指します。

環境性能割は燃費性能によって税率が変わり、自動車税や軽自動車税に上乗せするかたちで課税されます。

消費税

消費税とは、国内において事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡、貸付け及び役務の提供と外国貨物の引取りに課税される国税で、自動車の購入も対象取引にあたります。2018年現在の税率は8%です。

自動車の保有にかかる税金

自動車を保有するだけでも税金を負担する必要があります

自動車の保有にかかる税金について、それぞれの概要を確認していきましょう。ここでは、自動車税、消費税、ガソリン税について確認していきます。

自動車税

自動車税は、地方税のひとつです。原則として、自動車(軽自動車除く)を4月1日現在において自動車の所有者に課税されます。自動車の種類・用途・排気量などによって年税額(4月〜翌年3月)が定められており、送付される納税通知書により5月末までに納めなければなりません。

なお、年度の中途で抹消登録、新規登録、転入登録等をした場合は月割の税額を支払うことになります。そのため、年度途中で自動車を購入した時にも自動車税は課税されます。

また、軽自動車を対象とする場合は、軽自動車税という名称で呼ばれます。自動車税と同様に4月1日現在、軽自動車等を所有している人に課税されます。ただし、自動車税の様に月割制度がないため、年度途中で自動車を購入した時は、次年度から課税されることになるため、納付義務は発生しません。

自動車重量税

自動車重量税は、自動車検査証の交付等を受ける人及び車両番号の指定を受ける人に課税される国税です。自動車検査証の交付等又は車両番号の指定を受ける時までに、原則としては、その税額に相当する金額の自動車重量税印紙を自動車重量税納付書に貼り付けて納付します。なお、排出ガス性能及び燃費性能の優れた環境負荷の小さい自動車については、減税措置があります。

ガソリン税

ガソリン税は、ガソリン代の中に含まれている税金で、正確には揮発油税と地方揮発油税が合算されたものを指します。ガソリンを給油する際、間接的に納税することになります。

自動車の税金の支払いモデル

自動車にまつわる税はどのくらい納付する必要があるのでしょうか

自動車を購入した際には具体的にはどの程度の金額の税金がかかるものなのでしょうか。自動車取得税については、以下のコラムで詳しく説明しています。
自動車取得税〜新車・中古車ごとの計算方法や減免対象〜

自動車を購入した際は、自動車に関する税金だけでなく、車体価額も支払額に含まれます。もちろん、車種によってもグレードやオプション付加によって、車体価額は変わりますが、自動車の購入は一般的に150万前後はかかってしまいます。車体価額や税金という一側面だけを考慮して自動車を選ぶのではなく、購入時および保有時の全体的な費用も見て、愛車選びをしたいものですね。

執筆年月:2018年5月
ファイナンシャルプランナー キムラ ミキ

執筆:キムラ ミキ

日本社会事業大学 社会福祉学部にて福祉行政を学ぶ。大学在学中にAFP(ファイナンシャルプランナー)、社会福祉士を取得。大学卒業後、アメリカンファミリー保険会社での保険営業を経て、マンションデベロッパーにてマンション営業、マンション営業企画に携わった。その後、2008年8月より独立し、現在、自社の代表を務める。

関連コラム
これだけは押さえておきたい車の購入のポイント

これだけは押さえておきたい車の購入のポイント
車は納車されるまでの流れが複雑で、特に初めて車を購入する人は、必要な手順やかかる費用の多さに驚いてしまうことも多いはず。今回は、知っておくと役に立つ車の購入時のポイントを、費用や手間を抑えるコツとともにお伝えします。


軽自動車の維持費は安い?【普通自動車との年額・月額費用比較や節約術】

軽自動車の維持費は安い?【普通自動車との年額・月額費用比較や節約術】
軽自動車が売れています。2015年度の車販売台数ランキングトップ10を見ると、なんと6台もの軽自動車がランクインしており、圧倒的な支持を得ています。その理由は普通自動車に劣らないクオリティに加え、維持費の安さにあります。ここでは普通自動車と軽自動車を比較しながら、必要な維持費や節約方法をお伝えします。

インターネットのお手続きなら最大10,500円割引!

はじめてお見積りをされる方

無料お見積り

個人情報不要!補償内容を自由に選べます

お見積りを保存されている方

お見積り確認・お申込み(マイページ)

一括見積りサイトからお見積りされた方もこちらからご確認・お手続きください

※①インターネット割引(10,000円)②証券不発行割引(500円)を適用した場合の割引額です。
月払の場合は年間最大10,440円(①9,960円②480円)となります
(月払は保険始期日2019年3月1日以降)。