自動車保険トップ

事故・故障時のご連絡

SBI損保安心ホットライン
(事故・故障時の連絡先)

24時間365日受付

ご加入をご検討中の方

お見積り・お申込み・
資料請求のお問い合せ

ご契約者の方

必ず、契約者ご本人さまからお電話をお願いいたします。また、お手続きならびにご回答に際しましては、ご本人様確認をさせていただきますので、あらかじめご了承ください。

ご契約内容の変更・訂正・
解約等に関するお問い合せ
  • IP電話などをご利用のお客さまで上記が繋がらない場合には、0570-200-825(有料)へお掛けください。
ご継続手続きに関するお問い合せ
  • IP電話などをご利用のお客さまで上記が繋がらない場合には、0570-200-825(有料)へお掛けください。

シニアのお客さま、その他お問い合せ

オペレーターがゆっくり丁寧にご案内するシニアのお客さま専用ダイヤルや、その他のお問い合せ・画面操作のご案内はこちらから。

シニアのお客さま
画面操作のご案内・その他お問い合せ

SBI損保へのご意見・苦情

ご意見・苦情・メールでのお問い合せ

すべてのお電話は、応対品質向上のため録音させていただいております。あらかじめご了承ください。また、お電話をいただいた際、通知された発信者番号へ折り返しご連絡させていただく場合がございます。

自損事故を起こしてしまったとき、自動車保険の補償はどうなる?

自損事故を起こしてしまったとき、自動車保険の補償はどうなる?

自損事故を起こしてしまった場合、自賠責保険または自動車保険(任意保険)の補償を受けられるのでしょうか。自損事故とは何かを整理した上で、実際に起こりうる事故の事例を交えながら、自損事故の補償を詳しくご説明いたします。

自損事故ってどんな事故?

自損事故とは、例えば、ブレーキとアクセルを踏み間違えて電柱に衝突してしまった場合や自宅の車庫に自動車を停めようとしたら運転操作を誤って工作物等を壊してしまった場合など、運転者が自ら単独で起こした事故のことをいいます。つまり、事故の当事者がご自身だけで、相手方が存在しない単独での事故になります。

自損事故ってどんな事故?

自損事故のときの保険の補償は?

自損事故のときの保険の補償は?

自損事故を起こした場合、保険による補償を受けることはできるのでしょうか。自賠責保険と自動車保険の2種類の車の保険について、それぞれの補償内容を確認していきましょう。

自賠責保険

自賠責保険は、自動車事故の被害者救済が目的であり、補償範囲は対人事故における相手方の損害賠償のみになります。そのため、自損事故による物損や運転手自身の死傷に対して自賠責保険からの補償を受けることはできません。ただし、同乗者が怪我をした場合は自賠責保険から補償を受けることができます。

自動車保険

自動車保険に加入して、自損事故に対応する補償を付けていれば、補償を受けることができます。自損事故で、人の死傷に対する補償(治療費や死亡保険金の補償)は「人身傷害補償保険」と「自損事故保険」および「搭乗者傷害保険」があります。「人身傷害補償保険」は契約自動車の事故により乗っていた人が死傷した場合に保険金が支払われる保険です。自損事故のほか、相手方が存在する事故で相手方に過失がない事故であっても補償の対象となります。一方「自損事故保険」は、人身傷害補償保険が適用不可で、自損事故によって運転している人が死傷した場合に保険金が支払われる保険です。人身傷害補償保険と自損事故保険のどちらも適用できる場合は、人身傷害補償保険が優先的に適用されます。

また、「搭乗者傷害保険」は「人身傷害補償保険」同様に、契約自動車に乗っていた人が事故によって死傷した場合に保険金が支払われる保険であり、人身傷害補償保険が付帯されていても両方の保険からも保険金が支払われます。「搭乗者傷害保険」はあらかじめ設定された定額が支払われるので、実際にかかった費用や損害での補償となる「人身傷害補償保険」よりもスピーディーに保険金の支払いを受けることができます。

一般的には「自損事故保険」は契約時に自動でセットされる補償に含まれており、「人身傷害補償保険」、「搭乗者傷害保険」はオプションとなっていることが多いと思いますが、加入している自動車保険の補償内容(補償対象、保険金額など)はどうなっているかを確認しておきましょう。

自損事故の場合に気を付けるべきポイント

自損事故における運転者本人や搭乗者の死傷について、任意保険であれば補償を受けられることをご説明しましたが、気を付けるべきポイントにはどんなものがあるのでしょうか。

先程ご説明した「人身傷害補償保険」と「自損事故保険」は人の死傷に対する補償(治療費や死亡保険金の補償)です。自損事故による物損は、自動車保険に対物賠償保険や車両保険を付けていないと補償を受けられませんので、注意しましょう。なお、車両保険については自損事故を対象としていない保険もあります。

自損事故の場合に気を付けるべきポイント

また、自損事故であっても、事故を起こした場合には警察に届出を行って交通事故証明書の交付を受ける必要があります。交通事故証明書がなければ、自動車保険の補償対象となっていても補償を受けることができない場合がありますので、注意しましょう。

もちろん、運転している人の故意、重大な過失(※)によって起こした事故については補償を受けることができません。

※故意、重大な過失の一例

  • ・麻薬、大麻などの影響で正常な運転ができないおそれがある状態での事故
  • ・酒気帯び運転に相当する状態での事故
  • ・盗難車での事故

事故事例1:自損事故で電柱に衝突してしまった場合

自損事故で電柱に衝突し、電柱に傷を付け、契約自動車も破損してしまった場合、自動車保険からどんな補償を受けることができるか考えてみましょう。

  • 【衝突してしまった電柱】
    電柱に衝突し傷を付けて損害賠償責任が生じた場合、対物賠償保険からの補償を受けることができます。
  • 【破損した自分の車】
    運転していた自動車が破損してしまった場合には、車両保険から補償を受けることができます。
  • 【運転者・同乗者】
    自損事故によって、運転している人や同乗者が死傷してしまった場合には、人身傷害補償保険から補償を受けることができます。

事故事例2:自損事故で自宅の車庫を壊してしまった場合

自損事故で自宅の車庫を壊し、契約自動車も破損してしまった場合、自動車保険からどんな補償を受けることができるか考えてみましょう。

  • 【壊してしまった自宅の車庫】
    自損事故で、運転している人の自宅や車庫に接触または衝突して破損させてしまった場合、対物賠償保険では補償を受けることができません。自宅や車庫の修理費用に対する補償を受けるためには、自宅・車庫等修理費用補償特約を付帯しておく必要があります。
  • 【破損した自分の車】
    運転していた自動車が破損してしまった場合には、車両保険から補償を受けることができます。ただし場合によっては、車両保険では自損事故が適用外となることもありますので注意しましょう。
  • 【運転者・同乗者】
    自損事故によって、運転している人や同乗者が死傷してしまった場合には、人身傷害補償保険から補償を受けることができます。

まとめ

自損事故とは何か、自損事故に対してどのように備えておけばよいかをご理解いただけたでしょうか。誰でも、疲れているときなどにうっかり運転操作を誤ってしまうことはあり得ます。この機会に、自損事故への備えについて、加入中の自動車保険の補償内容を確認してみてはいかがでしょうか。

執筆年月:2018年5月

ファイナンシャルプランナー キムラ ミキ

執筆:キムラ ミキ

日本社会事業大学 社会福祉学部にて福祉行政を学ぶ。大学在学中にAFP(ファイナンシャルプランナー)、社会福祉士を取得。大学卒業後、アメリカンファミリー保険会社での保険営業を経て、マンションデベロッパーにてマンション営業、マンション営業企画に携わった。その後、2008年8月より独立し、現在、自社の代表を務める。

関連コラム

車の修理代金を補償する「車両保険」の上手な入り方・使い方
車の修理代金を補償する「車両保険」の上手な入り方・使い方

自動車保険で受けられる補償は、大きく3つに分かれています。相手の身体や物を傷付けてしまったときのための補償、自分や搭乗者の身体が傷付いてしまったときのための補償、自分の車が傷付いたり壊れたりしてしまったときのための補償の3つです。「車両保険」は車の損害を補償するもので、事故に遭ってしまったときの車の修理代金などはこの車両保険から補うことができます。今回は、車が事故によって修理や買い替えが必要になった場合に役立つ「車両保険」との上手な付き合い方について解説します。

交通事故を起こしたときの処理の流れ、過失割合・示談交渉などの基礎知識
交通事故を起こしたときの処理の流れ、過失割合・示談交渉などの基礎知識

自動車事故を起こしてしまった場合、加害者側にも被害者側にもやらなければならないことが沢山あります。事前に用意しておくことや、実際に事故を起こした際にやらなければいけないこと、過失割合、示談交渉について解説していきます。

お見積りはこちら

SBI損保ならインターネットからの新規お申込みで保険料12,500円割引!

一括見積サイトでお見積りされた方もこちら

お見積り・ご契約の流れ

新規でご加入をご検討中の方

0800-8888-581

9:00〜18:00(12/31〜1/3を除きます)

①インターネット割引(12,000円)②証券不発行割引(500円)を適用した割引額です。月払の場合は年間12,480円(①12,000円②480円)となります。

2018年6月 W-12-3446-007