事故・故障時のご連絡

SBI損保安心ホットライン
(事故・故障時の連絡先)

24時間365日受付

ご加入をご検討中の方

お見積り・お申込み・
資料請求のお問い合せ

ご契約者の方

必ず、契約者ご本人さまからお電話をお願いいたします。また、お手続きならびにご回答に際しましては、ご本人様確認をさせていただきますので、あらかじめご了承ください。

ご契約内容の変更・訂正・
解約等に関するお問い合せ
  • IP電話などをご利用のお客さまで上記が繋がらない場合には、050-3786-8310(有料)へお掛けください。
ご継続手続きに関するお問い合せ
  • IP電話などをご利用のお客さまで上記が繋がらない場合には、050-3786-8310(有料)へお掛けください。

シニアのお客さま、その他お問い合せ

オペレーターがゆっくり丁寧にご案内するシニアのお客さま専用ダイヤルや、その他のお問い合せ・画面操作のご案内はこちらから。

シニアのお客さま
画面操作のご案内・その他お問い合せ

SBI損保へのご意見・苦情

ご意見・苦情・メールでのお問い合せ

すべてのお電話は、応対品質向上のため録音させていただいております。あらかじめご了承ください。また、お電話をいただいた際、通知された発信者番号へ折り返しご連絡させていただく場合がございます。

30代 自動車保険選び方のポイント

30代 自動車保険選び方のポイント

自動車保険を取り扱う保険会社は様々あります。CMでよく見かけるあの会社、街で見かける代理店で取り扱っているあの会社、親族が勤めている会社・・・
どこに加入しようか迷ってしまいますよね。
特に30代は人生で色々と出費が多い時期です。

SBI損保はリーズナブルな保険料でお客さまからもご好評いただいております。必要な補償はしっかりと手厚くしつつ、オトクな割引を利用したり、自分に本当に必要な条件をきめ細かく設定することで、保険料を節約することができます。ぜひ皆さまの自動車保険選びに当コンテンツをお役立てください。

  

30代の保険料は高い?

まず、30代の保険料は他の世代と比べて高いのでしょうか。

結論からお伝えすると、「全体の平均よりはやや高め」です。
自動車保険の保険料を決める要素のひとつに「事故の発生率」があります。運転者の年齢によって事故の発生率は異なるため、「運転者の年齢条件の設定」によって大きく保険料が変わってきます。

30代の保険料は高い?

SBI損保ではこの設定区分は、「年齢を問わず補償」、「21歳以上補償」、「26歳以上補償」の3つに分かれています。

補償される運転者の年齢

  運転者の年齢
20歳以下 20歳〜25歳 26歳以上
(ア)年齢を問わず補償
(イ)21歳以上補償 ×
(ウ)26歳以上補償 × ×

3種類のシンプルな設定ですね。
あれ?でもこれなら、例えば26歳の方も30歳の方も同じ「26歳以上補償」の区分となりそうですね。ということは、26歳以上なら20代でも30代でも保険料は変わらない・・・?

SBI損保では、同じ「26歳以上補償」でも、ヘルプ記名被保険者(お車を主に運転する方)の年齢によって保険料が変わってきます。

では実際にどのくらい変わるのでしょう?これから年代による保険料を比較してみます。

記名被保険者の年齢だけを変えて、26歳以上補償の中では年齢が最も下である26歳から60歳までのSBI損保の保険料例を算出しました。

26歳の方だと一括払で年間50,130円
30歳の方だと一括払で年間43,090円
40歳の方だと一括払で年間41,710円
50歳の方だと一括払で年間41,250円
60歳の方だと一括払で年間44,360円

位となっています。

【算出条件(共通)】

保険始期:令和2年8月、車名:ホンダ フィット、型式:GR1、初度登録年月:令和2年6月、使用目的:通勤・通学、年間走行距離:5,000km超 10,000km以下、ノンフリート等級:12等級(事故有係数適用期間0年)、年齢条件:26歳以上補償、運転者限定:本人限定、割引:ゴールド免許割引/新車割引/インターネット割引/セーフティ・サポートカー割引/証券不発行割引、記名被保険者の住所:東京都、対人賠償保険:無制限、対物賠償保険:無制限、人身傷害補償保険:5,000万円(自動車事故補償)、搭乗者傷害保険:1,000万円、車両保険種類:一般車両、車両保険金額:175万円、車両自己負担額:5(車対車免0)-10万円、特約:対物差額修理費用補償特約/車内外身の回り品補償特約(30万円)/自転車事故補償特約、契約形態:継続契約以外

SBI損保を選んだ理由を教えてください(複数回答)

SBI損保を選んだ理由を教えてください(複数回答)
  • 2015年自動車保険に関する自社アンケートより(回答数:8571件)

30代の保険の入り方

はじめて保険に加入される方

必ず下記2点を確認してください。

  • 配偶者、または同居の親族で中断証明書を発行されている方はいませんか?
  • 配偶者、または同居の親族で11等級以上の契約をされている方はいませんか?

自動車保険は、ノンフリート等級という1〜20等級まで設定された割引・割増制度があります。1年間の保険期間を通じて無事故の場合は、次の契約は1等級上の等級が適用されます。
また、ノンフリート等級と割増引率の関係ですが、全体の傾向として等級が上がれば割引率も上がり、等級が下がれば割引率も下がるという関係にあります。
新規でご契約される場合は、6S等級が適用されます。SはSTARTのS、と覚えてくださいね。

@の「中断証明書」とは、過去に廃車、譲渡など所定の理由で自動車保険を解約した場合、申請すると発行されるものです。この中断証明書を取る手続きをしておくと、のちに再び自動車保険を契約する際に、中断前の契約のノンフリート等級を引き継ぐことができます。例えば、一番割引が大きい20等級になるためには、6S等級から無事故でも14年はかかります。しかし、配偶者、または同居の親族が20等級の中断証明書を持っている場合、それを利用すれば契約当初から20等級、ということも可能です。
尚、ダイレクト型の自動車保険では、中断証明を利用する際にお電話での受付のみとなる場合があり、インターネット割引が適用されないことがあります。インターネット割引と中断証明書利用による保険料を比較することを忘れないでください。

次にAについてご説明します。配偶者、または同居の親族が11等級以上の契約をお持ちの場合、2台目以降の車は6S等級ではなく7等級から自動車保険を契約することができます。配偶者、または同居の親族が自動車保険を契約している場合には、その等級を必ず確認してみてください。

選び方のポイント

自動車保険は「運転される方」や「お車」の条件で保険料がよりお得になります。ここからは、お客さまの条件に合わせて、細かく補償内容を設定していきましょう。

運転者を限定して節約する

まず、その車をどなたが運転するのか?ということが保険料に大きく影響します。
例えばSBI損保では下記の通り、お車を運転する方を限定することによって最大約8%の割引が適用になります。

運転者の範囲

運転するのが自分だけ

運転するのが自分だけ

最大約8%割引

お車を運転される方がご本人のみの場合は、運転される方を限定されない場合と比較して保険料が最大で約8%割引となります。

運転するのがご夫婦のみ

運転するのがご夫婦のみ

最大約7%割引

お車を運転される方がご夫婦のみの場合は、運転される方を限定されない場合と比較して保険料が最大で約7%割引となります。

運転するのがご家族のみ

運転するのがご家族のみ

最大約1%割引

お車を運転される方が同居のご家族のみの場合は、運転される方を限定されない場合と比較して保険料が最大で約1%割引となります。

運転する方の範囲を狭めると、その分保険料も抑えられる仕組みです。

ゴールド免許で節約する

30代ですと、保険加入当初はブルーやグリーンだった免許の色が、ゴールドに変わっている方も多いのではないでしょうか。
SBI損保では、契約の始期日時点で補償の対象となるお車を、主に運転する方の運転免許証の色がゴールドの場合、約20%の割引になります。

ところで保険の始期日時点でゴールド免許でなくても、ゴールド免許割引を適用できる場合があります。
例えば保険の始期日が運転免許証の更新手続き期間内(誕生日の前後1ヵ月以内。送られてきた更新手続案内のハガキで確認できます。)にあり、かつ免許更新前または更新後のいずれかの色がゴールドであれば、始期日がゴールド免許の有効期間に含まれることとなり、ゴールド免許割引が適用できるようになっています。例えば、これまでゴールド免許だった人が免許の更新手続き期間内に自動車保険の更新があり、免許証の更新手続きを早めにすませたことで自動車保険の始期日にはブルーの免許証になってしまったという以下のような場合でも、ゴールド免許割引を適用できます。

<ケース1>保険始期日が免許更新期間に含まれ、かつ更新前の免許証の色が「ゴールド」、更新後の免許証の色が「ブルー」の場合

また、反対にこれまでブルーの免許証だった人が免許の更新手続き期間内に自動車保険の更新があり、免許証の更新が遅くなって、保険の始期日時点ではブルー免許のままであった場合でも、ゴールド免許割引を適用できます。

<ケース2>保険始期日が免許更新期間に含まれ、かつ更新後の免許証の色が「ゴールド」になる場合

補償内容で節約する

●車両保険

実際にお客さまからのお問い合わせで「保険料節約のために、車両保険を付帯しないでおこうかな・・・」というご相談を受けています。
ですが、車両保険の加入を諦めなくても、節約のポイントはいくつかあります。
SBI損保では 車両保険の種類は、補償範囲が広い「一般車両」と、補償範囲が一部限定された「車対車+限定A」をご用意しております。
下記の表をご覧ください。

  一般車両 車対車+限定A
車やバイクとの衝突・接触
自転車との衝突・接触 ×
電柱・建物などとの衝突や接触(単独事故) ×
あて逃げ ×
転覆・墜落 ×
火災・爆発・台風・洪水・高潮など
盗難・いたずら・落書き
窓ガラスの損害・飛び石による損害

「○」:補償されます。「×」:補償されません。

  • 「車対車+限定A」は、事故の際の相手のお車およびその運転者または所有者が確認された場合にお支払いとなります。
    建物などの自動車以外の他物との衝突・接触やあて逃げ事故などの場合、お支払いの対象とはなりません。

例えば新車を購入した場合や自損事故の心配がある方は「一般車両」タイプが望ましいですが、自損事故や当て逃げは補償されない分保険料の安い「車対車+限定A」タイプを選択して節約することも可能です。車両保険の保険金額は時価額のため、保険でまかなえる場合は付帯しないというのももちろん選択肢の一つです。
車両保険自体の必要性の有無や保険金額等の設定に迷った場合は保険会社のコールセンターや代理店に相談してみてもよいでしょう。

●人身傷害補償保険

人身傷害補償保険は、契約自動車の事故によって搭乗中の方が亡くなられた場合やケガをされた場合に、治療費や休業損害・逸失利益などを補償する保険です。
SBI損保では、ご希望の補償範囲に合わせて「自動車事故補償」と「契約自動車搭乗中のみ補償」の2つをご用意しています。

  「自動車事故補償」 「契約自動車搭乗中のみ補償」
契約自動車に乗車中の事故によるケガ
他の自動車(※)に乗車中の事故によるケガ ×
歩行中などにおける自動車事故によるケガ ×

「○」:補償されます。「×」:補償されません。

ご注意
  • 「他の自動車」には以下を含みません。
  • 契約自動車以外で、記名被保険者または記名被保険者のご家族が所有する自動車
  • 二輪自動車、原動機付自転車

保険金額の設定ですが、SBI損保のお客さまの7割以上の方が「3,000万円」「5,000万円」を選んでいます[SBI損保調べ(2017年10月〜2018年9月)]。年齢、収入、扶養家族の人数などに基づいて3,000万円以上で十分な金額をお決めください。
また、1世帯で複数の車を所有されていて、すでに「自動車事故補償」で人身傷害補償保険を付帯していれば、記名被保険者とそのご家族(※1)の方が契約自動車以外のお車搭乗中に事故に遭われた場合も補償されている場合があります(※2)。その場合、2台目以降の車は「契約自動車搭乗中のみ補償」にすれば、補償の重複をなくし、無駄な保険料の支払いを避けることができます。この補償の重複に関しましては、また後述します。

  • ※1
    「ご家族」とは次の方をいいます。
  • 記名被保険者の配偶者
  • 記名被保険者またはその配偶者の同居の親族
  • 記名被保険者またはその配偶者の別居の未婚の子
  • ※2
    1台目のご契約の補償範囲を十分にご確認ください。

平成30年の交通事故による死傷者は年間約53万人です。節約のために補償を削りすぎて、いざという時に保険が役に立たない・・・という事態は避けたいものです。保険料と補償のバランスはじっくり考えて設定しましょう。

交通事故の発生状況

交通事故の発生状況
  • 「死者数」とは、交通事故発生から24時間以内に死亡した人数をいう。
    「重傷」とは、交通事故によって負傷し、1箇月(30日)以上の治療を要する場合をいう。
    「軽傷」とは、交通事故によって負傷し、1箇月(30日)未満の治療を要する場合をいう。
    (出典:警察庁「平成30年中の交通事故発生状況」)

その他の保険料節約方法

その他の保険料節約方法

ご存じない方もいるかもしれませんが、自動車保険の補償内容は新規契約や継続(更改)のタイミング以外でも変えることができます。(※車両保険付帯なし→ありなど、一部の中途変更はできません)
年齢条件や運転者限定は契約の途中で設定変更が可能です。
例えば、「いつもは自分しか運転しないけど、お正月に親族で集まるときだけいとこも運転するんだよなぁ。」という場合。

  • お正月に備えて契約当初から運転者限定「なし」にするのではなく、運転者限定「本人限定」で保険契約をします。
  • 際にいとこが運転する正月の時期に、運転者限定「なし」に契約変更します。
  • その後、また「運転者限定」「本人限定」にします。

運転者限定の保険料は、「なし」のほうが「本人限定」より高くなります。よって、最初から1年間運転者限定「なし」に設定にするよりも、必要な期間だけ設定したほうが保険料は安く済みます。
こういった変更はダイレクト保険の場合、インターネットで簡単にお手続き完了できます(※一部手続きを除く)

また、お客さまが車を複数所有している場合、それぞれの車の自動車保険で補償の重複を避けることも節約のポイントとなります。
例えば、弁護士費用等補償特約。他人に損害賠償を請求するためなどの目的で弁護士に依頼する費用などをお支払いする特約です。
この特約は契約自動車に起因する事故だけでなく下記の車すべてに起因する事故が対象となります。

契約自動車以外で以下の方が所有する自動車

  • 記名被保険者
  • 記名被保険者の配偶者
  • ①または②の同居の親族
  • ①または②の別居の未婚の子

つまり1台に弁護士費用等補償特約をセットすれば、ご家族(※@〜C)の車に搭乗中の場合も、弁護士費用等補償特約の補償の対象になります。
例えば記名被保険者であるAさんのフィットに弁護士費用等補償特約を付帯されていた場合、その配偶者のBさんが所有するワゴンRで事故があったとしてもフィットの弁護士費用等補償特約を利用可能ということです。

このような「補償の重複」が起こりがちな補償・特約は、他には下記があります。

  • 人身傷害補償保険(自動車事故補償)
  • ファミリーバイク特約
  • 自転車事故補償特約
  • 個人賠償責任危険補償特約

個人賠償責任危険補償特約は火災保険に付帯されている方も多いので、一度チェックしてみましょう。
また、ファミリーバイク特約は補償の範囲が「人身傷害あり」と「人身傷害なし」の2タイプに分かれます。「人身傷害あり」の場合、付帯するかしないかで数千円〜数万円のレベルで保険料が変わるため、しっかりと確認された方がいいですね。

よくあるご質問にも記載されていますので、あわせてご覧ください。
ヘルプ「他の保険契約と補償が重複することはありますか?」

まとめ

30代の方の自動車保険についてご案内してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。

  • はじめてご契約される方は、中断証明書の有無および配偶者および同居のご親族の自動車保険の等級を確認すること(より割引率の高い等級で契約できる可能性がある)
  • お客さまの条件に合わせて、細かく補償内容を設定すること
  • 保険期間中に一部補償内容を変更することは可能なので、こまめに見直しをすること
  • 家族で複数の車を持っているなら、補償の重複がないか確認すること

上記を行うことで、より賢くお得にお選びいただけます。
お客さまのご希望に沿った最適な自動車保険を選べるお力になれれば幸いです。ベストな補償内容に設定して、安心で楽しい素敵なカーライフをお過ごしください。

執筆:T.O
カスタマーサービス統括本部 CS企画部

鉄道関連のコールセンター経験を経てCCオペレーターの一期生として入社。 九州CC転勤に伴い自動車を所有することで当社保険の優位性をあらためて実感。 現在はCS企画部としてユーザビリティ向上の施策に奔走の毎日。

関連コラム

自動車保険料節約のポイント「年齢条件」
自動車保険料節約のポイント「年齢条件」

自動車保険の更新時に保険料をもっと安くできないか検討される方は多いのではないでしょうか。「年齢条件」は保険料を節約するポイントの1つです。年齢条件とはどのようなもので、実際にどのような場面で利用でき、その注意点は何か、などをお伝えします。

自動車取得税〜新車・中古車ごとの計算方法や減免対象〜
自動車取得税〜新車・中古車ごとの計算方法や減免対象〜

自動車取得税とは、50万円以上の自動車を取得した者に対して課される税金のことです。
新車で購入した場合は自動車取得価格×税率、中古車で購入した場合は残価率という指標を用いて計算されます。自動車取得税の課税対象車両は、三輪以上の軽自動車、小型自動車、普通自動車(特殊自動車を除く)です。なお、自動車取得税は消費税が10%に増税された場合には廃止され、新たに環境性能割という課税制度が導入される予定になっています。

自動車保険を見直して賢く節約するポイント
自動車保険を見直して賢く節約するポイント

自動車保険は基本的に1年ごとに更新を迎えます。前年と同じ条件で継続する方もいれば、そのタイミングで見直しを検討される方もいます。
自動車保険を見直す場合、特に保険料の安さを重要視する方が多いのでは。ここでは見直しの際に節約につながるポイントをお伝えします。

「対人賠償責任保険」や「対物賠償責任保険」の保険金額は「無制限」にすべき?
「対人賠償責任保険」や「対物賠償責任保険」の保険金額は「無制限」にすべき?

補償内容をできるだけムダのないものにしたいと考えている方の中には、「本当に無制限にする必要があるの?」や「保険料を安く抑えたいし無制限にしないほうがおトクなんじゃないの?」などと疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。
今回は、対人賠償責任保険と対物賠償責任保険が保険金額を「無制限」にすべき補償だといわれている理由について説明します。

お見積りはこちら

SBI損保ならインターネットからの新規お申込みで保険料12,500円割引!

一括見積サイトでお見積りされた方もこちら

お見積り・ご契約の流れ

新規でご加入をご検討中の方

0800-8888-581

9:00〜18:00(12/31〜1/3を除きます)

①インターネット割引(12,000円)②証券不発行割引(500円)を適用した割引額です。月払の場合は年間12,480円(①12,000円②480円)となります。

2020年8月 20-0147-12-004