四輪車と歩行者の事故の過失割合

横断歩道上の事故

四輪車が青信号で進入、歩行者が赤信号で横断を開始した場合
道路交通法において、歩行者は赤信号の場合には道路を横断してはならないとされています。

四輪車が青信号で進入、歩行者が赤信号で横断を開始した場合
30%:70%

信号機が設置されていない場合
道路交通法において、横断歩道上を通行する歩行者は絶対的に近い保護を受けるとされています。

信号機が設置されていない場合
100%:0%

横断歩道外における事故

近くに横断歩道がある場合
道路交通法において、歩行者は横断歩道によって道路を横断しなければならないとされています。

近くに横断歩道がある場合
70%:30%

(参考文献:別冊判例タイムズ 民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準 全訂5版)

ご紹介する例は、過去に起きた事故の裁判例などを基にした、基本的な過失割合です。実際に決定された過失割合とは異なる場合があります。

事故のご連絡・ロードサービスの受付はこちらから

SBI損保安心ホットライン

0800-2222-581

24時間365日受付

※携帯電話・PHSからでもご利用になれます。

ご注意

万が一、事故が発生した場合は、直ちにSBI損保までご通知ください。
ご通知が遅れますと保険金のお支払いが遅れる場合がありますのでご注意ください。
IP電話などで上記フリーコールが繋がらない場合は、恐れ入りますが下記の番号へお掛けください。
050-3786-0581(有料)