通院治療費は最大1,000万円まで補償

通院日数の制限なく、最大1,000万円までかかった通院治療費をお支払い

SBI損保のがん保険なら、抗がん剤治療による通院や退院後の補助療法まで実額で補償します。
しかも、通院日数に制限なく、退院後も安心してがん治療を続けることができます。

近年のがん治療は入院よりも通院が主流に

近年のがん治療の傾向として、入院治療から通院による治療が増えてきています。

がんの入院および外来の受療率の推移
  • [出所]平成29年患者調査の概況(厚生労働省)https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/17/ を加工して作成

通院による治療費用も増加傾向に

がん治療に対する通院治療費の割合
  • [出所]厚生労働省「平成14年度国民医療費の概況」と「平成29年度医療費の概況」

ニーズが高まっているセカンドオピニオン外来も実際にかかった費用をお支払い

セカンドオピニオン外来の件数が近年増加しており、ご利用されたい方も多いと思います。
しかし、セカンドオピニオン外来は基本的に公的医療保険が適用されない自由診療となり、全額自己負担となってしまいます。SBI損保のがん保険なら、セカンドオピニオン外来でかかった費用もお支払いします。

がん補償の事例をご紹介!

先進医療でがん治療を受けたAさん
自由診療でがん治療を受けたBさん
通院でがん治療を受けたCさん

補償内容に関するよくあるご質問

お見積りはこちら

2020年10月 20-0309-12-002