時代とともに変わる医療

保険の見直しは定期的に!

保険の見直しは定期的に!

現在、がん保険の保障内容は、従来型と通院重視型、一時金重視型の3タイプあります。従来型は、がんの治療は入院して手術をするのが一般的だった時代に作られたまま、大きな保障内容の改定を行っていないタイプです。通院重視型と一時金重視型は、保障内容を最近のがん治療事情に合わせたタイプです。

最近のがん治療は、手術・放射線治療・抗がん剤治療の3大治療を組み合わせる「集学的治療」が主流です。手術は入院が必要なこともありますが、外来(通院)でできてしまうものが増えています。放射線治療と抗がん剤治療も、入院で行うこともありますが、通院で行われることが多くなっています。というのも、高齢化と医療技術の高度化などで公的健康保険の財政は厳しく、国は、入院は短く、外来治療を増やすようにしているからです。今や、医療は「在宅へ」なのです(ちなみに、介護も「在宅へ」です)。

従来型のがん保険は通院保障が不十分

つまり、入院治療を前提に設計された従来型のがん保険では、給付金をもらう機会が少なく、何のためにがん保険に入っているのかわからない状態になることが多いのです。例えば、がんの種類やステージによっては、治療のスタートからラストまで通院で行われることがあります。すると、受け取れるのは診断給付金だけで、それを使ってしまったらがん保険からの資金サポートはないので心細いですよね。従来型のがん保険にも通院の保障はありますが、所定の日数以上の入院後の通院に対しての保障であるケースが多く、通院だけの治療では給付金が出ないのです。

そこで、どのような治療を受けても給付金が出るよう、がん保険に力を入れている保険会社や力を入れていきたい保険会社は、通院だけでも給付金を支払う通院重視型、診断給付金や治療給付金などの一時金を充実させた一時金重視型を販売し始めたのです。

通院給付金、一時金どちらを重視する?それとも・・・

どちらのタイプがいいかは何とも言えません。一時金重視型はまとまったお金で通院にかかる治療費も賄えばいいという発想ですし、通院重視型はズバリ通院治療費を賄うという発想で、発想自体は同じだからです。

ただ、両タイプのがん保険についても、がん治療の資金ニーズに完全に応えてくれるものではないことを知っておいてください。

通院重視型は、一般的に通院1日目から無制限(1年に120日までなどの制限が設けられている商品もある)に通院給付金が支払われますが、日額が決まっています。ですから、1日の治療に必要なお金が通院給付金の日額を超える場合には、保険だけでは賄えないかもれません。逆に、余るかもしれませんが。

一時金重視型は、診断給付金を厚くしたり、診断給付金+療養給付金などまとまったお金が支払われます。しかし、通院期間中無制限に支払われるわけではありません。商品ごとに限度額が決まっています。
つまり、両商品には「限界」があるということなのです。ですから、治療費が足りないケースも出てきそうです。

保険の見直しは定期的に!

実費で補償されるがん保険なら過不足なし?!

これらに対して、かかった治療費の全額を支払う商品もあります。これなら、足りなくなることも、余ることもないので、わかりやすくていいですね。

執筆:ファイナンシャル・プランナー 小川千尋

ファイナンシャル・プランナー、子育て・教育資金アドバイザー。 1994年、AFP資格取得。独立系ファイナンシャル・プランナーとして、主にマネー誌、一般誌のマネー記事の編集・執筆・監修などで活動。オールアバウトのガイドも務めている。親の生命保険に関する部分や、子どものニート問題に詳しい。

はじめてお見積りをされる方

無料お見積り

資料請求

お見積りは個人情報不要!生年月日と性別、払込方法を入力するだけ

お見積りを保存されている方

お見積り確認・お申込み(マイページ)

一括見積りサイトからお見積りされた方もこちからからご確認・お手続きください