がんと遺伝〜原因・遺伝子検査・治療・予防について〜

家族や親せきでがんにかかった人がいる場合、もしや自分もいずれ・・・?と不安になる方も多いと思います。実は遺伝性のがんの割合は少なく、特徴がある上、遺伝子検査で調べられるのです。ここでは、がんが遺伝する確率や遺伝子検査・治療、予防について解説します。


乳がんの症状と特徴・原因となる要素とは

乳がんは女性の11人に1人がかかります。超音波検診で何度も同じところを見られて、不安になった経験がある人もいるのでは?しかも、初期はしこりや赤み、痛みなどの自覚症状がないことも。早期発見・治療のために、リスクを上げる要素や自己触診をご紹介します。


子宮頸がんの症状と罹患の可能性…オリモノ異変や不正出血は婦人科へ

不正出血やオリモノに臭いがあると、もしや子宮頸がん!?と不安になる方も多いと思います。初期症状、進行した場合に現れる症状やステージ(病期)から、子宮頸がんの原因となるHPV(ヒトパピローマウイルス)について、治療法や検診まで詳しく解説します。


先進医療とは?

「先進医療は最新の治療法」、「高額な治療費がかかる」といったぼんやりとしたイメージはあるものの、実際にどのようなものかよく知らない方も多いのでは?最近よく耳にする先進医療について詳しくご説明します。


がん患者を支える公的サポートを知っておこう!

がんにかからないために日頃から予防を心がけることは大切ですが、いざがんにかかった時にどのようなサポートを受けられるのかを知っておくことも大切なことではないでしょうか。今回は公的サポートについてご説明いただきます。


50代・60代のがん保険の選び方−何歳まで必要かー

年齢を増すごとにがん保険の重要性を感じたり、普段の食事に気を配るようになる方も多いのでは?いざという時に必要となる保険。予防のための食生活。自分自身はもちろんのこと、ご家族の状況はいかがでしょうか?


がんは早期発見が大切!定期的ながん検診を心掛けよう!

日本はがん大国と言われていますが、定期的ながん検診による早期発見がその後の治療の鍵になっています。日本人のがん検診の受診率や、がん保険の役割についてご説明いただきます。


一家の大黒柱ががんに罹患!収入ダウン&支出アップのWパンチにどう備える?

コラム執筆者である小川さんがご病気のため、1ヵ月間入院されました。この入院体験をもとに感じた保険の必要性についてご説明いただきます。


がんにかかりにくい生活を心がけよう!

国立がんセンターがん予防・検診研究センターで発表されている「日本人のためのがん予防法」をご紹介いたします。現段階では、禁煙とWHOやWCRF/AICRなどの食事指針に基づく日本人の実状を加味した食習慣改善が、個人として最も実行する価値のあるがん予防法とのことです。


先進医療における特約の保険金の限度額と支払われ方に注目!

今回は保険金の支払われ方について注目してみましょう。直接、補償内容に関係することではありませんが、加入中にがんにかかった場合、実際に家計に関することであり、がん保険に加入するときは確認が必要です。


がん保険に診断給付金は必要?保険選びは給付条件を要チェック!

がん診断給付金は、被保険者が責任開始期以後にがんと診断確定された時に受け取りができる給付金です。実際にがんの治療に入る前に受け取りができるこの給付金は何に使うためにあるのでしょうか。詳しくみていきましょう。


がんと糖尿病は密接な関係がある!?

「糖尿病と癌に関する合同委員会」の報告によると、糖尿病とがんの間に関連性がある可能性が分かりました。なんと、糖尿病の人はそうではない人より、がん全体のリスクは1.2倍だったそうです。糖尿病対策が、がん対策につながるといえるようです。


がん保険の選び方〜通院給付金と一時金どちらを重視するか〜

がんの治療方法が入院して手術するものから、抗がん剤や放射線治療による通院が主流になりつつあります。その変化に伴いがん保険の保障も、入院保障よりも通院保障もしくは一時金保障を手厚くするようになりました。 では、この通院重視型と一時金重視型どちらが良いのでしょうか。


超高齢時代のがんとの付き合い方

超高齢時代においては就労の定年が60歳から引き上げられ、それに伴い、就労中でがんに罹患する可能性が高くなるといわれています。また、国も「がん対策推進基本計画」にて、重点的に取り組むべき課題のひとつに就労に関する問題への対策をあげています。
具体的にどのような対策があるのか見ていきましょう。


がん保険は値上がりする定期型が賢明!?その真意とは

保険料は上がらず一生涯保障されるタイプと、保険料が更新のたびに上がり一定期間保障されるタイプの保険があります。それぞれのメリットやデメリットを紹介しつつ、今回は「値上がりする保険」の特長についてみていきましょう。


がん治療の先進医療は今後も増える!

公的医療保険制度は時代に合わせて変わっていきます。2013年(平成25年)6月に公表された「日本再興戦略 Japan is Back」の一部には医療分野についても話が及んでいます。
現時点の公的医療保険制度の内容をあらためて確認して、今後の制度変更のおおまかな流れを把握しておきましょう。


消費税増税と保険の見直し

4月の消費税増税を控え、各種媒体の方などから、保険の見直しについて尋ねられることが増えているそうです。あらためて保険の必要性から見直しのポイントを確認してみましょう。


がんこそセカンドオピニオンが必要!

医師からの診断結果や治療方法などに疑問を持ち、モヤモヤした気分になった経験はありませんか?命に関わってくる病気などは納得した上で治療に臨みたいと思う方も多いと思います。
そんなときなどに利用されるのがセカンドオピニオンです。このセカンドオピニオンについて使い方などをご説明いたします。


「最強の医療保険」は健康保険(?)

公的医療保険の一つである「健康保険」。風邪や怪我などを病院で診察してもらうと、たいていの場合は公的医療保険(会社員の場合は健康保険)が適用されて、治療費の一部は国が保障してくれます。
この公的医療保険の詳細内容はあまり広く知れ渡られていないようですが、この公的医療保険を踏まえた上で、がん保険を選ぶ必要があります。


がん保険は入院・通院保障や給付金条件を確認するのがポイント

がん保険の見直しのポイントのひとつが加入時期です。10年くらい前までに入ったとしたら、パワー不足と言わざるをえません。なぜ、加入時期が問題となるのか詳しく見ていきましょう。


「自動車保険」が手本

一般の方が理想的な利用の仕方をしている、と感じる保険もあります。「自動車保険」です。
私は、誰もが自動車保険の加入例をお手本に、生命保険を利用するべきだと考えます。合理的ですし、優先順位もつけやすくなるからです。


家族の誰かががんにかかるとライフプランに大きく影響する

両親のどちらががんにかかっても、家族のライフプランに影響しますし、時期によっては子どもの進路と将来に影響を及ぼすこともあるのです。かく言う、筆者の母も乳がんサバイバーで、高校受験を控えていた筆者は進路変更を余儀なくされました。


「一生涯の保障が安心」という幻想

「一生涯の保障が安心」という考え方には、どこか幻想が混じっているのではないか。
変わりゆく時代の中で、保障内容が変わらないのは、かえって不安材料のひとつとなります。「一生涯の保障が安心」に潜む不安材料とは何でしょうか?


がんの罹患率は2人に1人?!しかも、がんの治療費は高額化の傾向

がんの患者数は年々増加し、生涯で2人に1人はがんに罹るというデータがあります。(※) 一方、医療技術の進歩により多様な治療方法が生まれ、中には治療費が高額なものもあります。この状況を踏まえて、どのようにして保険を選んだらよいのでしょうか?

[出典]国立がんセンター がん対策情報センター


はじめてお見積りをされる方

無料お見積り

資料請求

お見積りは個人情報不要!生年月日と性別、払込方法を入力するだけ

お見積りを保存されている方

お見積り確認・お申込み(マイページ)

一括見積りサイトからお見積りされた方もこちからからご確認・お手続きください