がん診断給付金とは…

診断給付金が支払われる条件は要確認!

診断給付金が支払われる条件は要確認!

がん診断給付金(がん診断保険金、がん診断一時金などともいいます)は、必ずと言っていいほど、がん保険にセットされています。また、がん診断給付金を主契約にしたがん保険もあり、がん保険にとって診断給付金は切っても切れない保障と言えそうです。

がん診断給付金は、医師にがんと診断確定されると、がん入院給付金の100倍が支払われるものが一般的で、がん入院給付金が日額1万円の場合、がん診断給付金は100万円となります。給付条件は、診断確定だけで支払われる商品がほとんどですが、診断確定+治療のための入院が必要な商品もあるので保障内容をよくチェックしましょう。

話は変わりますが、がんと診断された本人および家族は、どんな思考経路をたどるのか、筆者自身の経験(両親ががんに罹患)と筆者の周囲の人からの聞き取りで考察してみます。がんと医師に告知されると、本人は「どうして自分が…」、家族は「どうして家族が…」とショックを受けます。ショックの度合いは、進行具合にもよるでしょうけれど、初期でもショックを受けることは確かでしょう。ショックの次に訪れるのが「お金どうしよう?」という思いです。治療費は健康保険が使えること、がん保険などの備えがあることがわかって少し気持ちが軽くなります。次は、自分(家族)のがんとその治療法について調べ出します。その書籍や雑誌などの資料類を買うのにお金がかかります。なかには、主治医の治療方針以外の意見を聞いてみたい、つまりセカンドオピニオンを受けたい人もいるでしょう。そんな際にもお金がかかります。

がん診断給付金の必要性を考えてみましょう

こんな、がん診断初期にかかるお金に、がん診断給付金を使うわけです。そして、最近のがん治療は通院のみで行われることもあり、その治療費用にも充てられます。入院日数や治療内容に関係なくがんと診断確定された直後にもらえるまとまったお金は心強いですね。

がん診断給付金がいらないケースも

ただ、最近はネットでがんに対する情報が無料で探せますし、がん保険によってはセカンドオピニオン費用を出してくれるものもあります。つまり、診断初期にあまりお金をかけなくてすむ可能性が高いということ。それに、通院のみの治療で給付金が受け取れるがん保険に加入すれば、がん診断給付金を通院治療費用に使う必要はありません。こう考えると、保険料が安くなるなら、がん診断給付金はなくてもいいと思えてきます。多くのがん保険のがん診断給付金は100万円。これくらいの余裕資金がある人は、なくてもいいかもしれません。

最近、がん診断給付金のある・なしを選べるがん保険が登場したので、商品選択の幅が広がりました。

例えば、SBI損保のがん保険(自由診療タイプ)について、がん診断保険金のある・なしで保険料の違いを見てみましょう。30歳の場合、がん診断保険金なしの保険料は女性620円、男性550円です(※)。ありの保険料は女性1,450円、男性970円(※)。若いので、どちらも保険料はお手頃ですが、なしの方はさらにお手頃です。若い人も、おサイフに負担をかけないで、がんの備えができますね。

診断給付金が自分にとって必要か考えましょう

診断給付金が自分にとって必要か考えましょう

これを、60歳で見てみると、がん診断保険金なしの保険料は女性2,890円、男性3,500円です(※)。ありの保険料は女性5,980円、男性7,200円です(※)。がんの不安が切実な年代でも、なしの方なら大きな負担にならないでしょう。

がん診断給付金が必要かどうかの視点で商品選びをするというのも、1つの方法です。

月払、保険期間5年、2015年12月1日時点

執筆:ファイナンシャル・プランナー 小川千尋

ファイナンシャル・プランナー、子育て・教育資金アドバイザー。 1994年、AFP資格取得。独立系ファイナンシャル・プランナーとして、主にマネー誌、一般誌のマネー記事の編集・執筆・監修などで活動。オールアバウトのガイドも務めている。親の生命保険に関する部分や、子どものニート問題に詳しい。

はじめてお見積りをされる方

無料お見積り

資料請求

お見積りは個人情報不要!生年月日と性別、払込方法を入力するだけ

お見積りを保存されている方

お見積り確認・お申込み(マイページ)

一括見積りサイトからお見積りされた方もこちからからご確認・お手続きください