沿革

2006年 6月

SBIホールディングス(株)とあいおい損害保険(株)(現あいおいニッセイ同和損害保険(株))の共同出資によりSBI損保設立準備(株)設立

2007年12月

損害保険業の免許を取得、商号をSBI損害保険株式会社に変更

2008年 1月

営業を開始「SBI損保の自動車保険」販売開始

2011年10月

東京コンタクトセンターを開設

2012年 8月

「SBI損保のがん保険[自由診療タイプ]」の販売を開始

2013年 7月

大阪損害サービスセンターを開設

2013年10月

九州コンタクトセンター(佐賀県鳥栖市)を開設

2016年10月

「SBI損保の火災保険」販売開始

2018年1月

契約件数100万件を突破

2018年8月

仙台損害サービスセンターを開設

2018年10月

福岡損害サービスセンター・福岡コンタクトセンターを開設

2018年12月

「賠償責任保険」の販売を開始

2019年11月

自動車保険のリアルタイム見積りサービス「カシャッとスピード見積り(通称:カシャッピ®)」提供開始
「動産総合保険」の販売を開始

2020年11月

「生活総合保険」の販売を開始

2021年11月

「医療費用保険」の販売を開始 地域金融機関と「健康口座」サービスを開始

2022年2月

大阪オフィスを移転

2022年4月

新宿オフィスを開設

2022年9月

「SBI損保の自動車保険」商品改定、法人契約の申込みがインターネットで可能に

2023年4月

「SBI損保の海外旅行保険」販売開始

2023年9月

「サイバーセキュリティ保険」販売開始

2024年1月

契約件数125万件を突破