自動車保険を見直して賢く節約するポイント

自動車保険を見直して賢く節約するポイント

自動車保険は基本的に1年ごとに更新を迎えます。前年と同じ条件で継続する方もいれば、そのタイミングで見直しを検討される方もいます。自動車保険を見直す場合、特に保険料の安さを重要視する方が多いのでは。ここでは見直しの際に節約につながるポイントをお伝えします。


自動車保険の名義変更と親族間の等級引継ぎ

自動車保険の名義変更と親族間の等級引継ぎ

親が乗らなくなった車を子どもに譲渡したり、単身赴任をするため配偶者に車を譲渡したり等、人に車を譲るケースがあります。そこで気になるのは自動車保険の引継ぎ。ここでは親族間で車を譲渡した場合の自動車保険の名義変更と等級引継ぎの注意点をお伝えします。


自動車保険はゴールド免許で割引に〜免許証の色が変わったときの疑問も解決〜

自動車保険はゴールド免許で割引に〜免許証の色が変わったときの疑問も解決〜

自動車保険は事故を起こすリスクが低いと保険料も安くなる仕組みになっています。ゴールド免許もその1つで「ゴールド免許割引」が適用されます。ここではゴールド免許割引の基本から保険期間の途中で免許証の色が変わったときの取扱いについて説明します。


交通事故を起こしたときの処理の流れ、過失割合・示談交渉などの基礎知識

交通事故を起こしたときの処理の流れ、過失割合・示談交渉などの基礎知識

自動車事故を起こしてしまった場合、加害者側にも被害者側にもやらなければならないことが沢山あります。事前に用意しておくことや、実際に事故を起こした際にやらなければいけないこと、過失割合、示談交渉について解説していきます。


自動車保険を乗り換えるときの注意点

自動車保険を乗り換えるときの注意点

満期日が近づいてきたり、契約期間の途中であっても車を買い替えたりしたときに、保険料が高い等の理由から自動車保険の乗り換えを検討される方も多いのではないでしょうか。ここでは等級の引き継ぎや手続きのタイミングなど自動車保険を乗り換えるときの注意点をお伝えします。


走行距離のメーター

「走行距離」からわかる車の替え時と中古車購入時のポイント

今乗っている車ってそろそろ替え時?一般的に走行距離が10万キロを超えたら替え時だと言われていますが、メンテナンスに応じて長く乗り続けることも十分可能です。走行距離からわかる、車の替え時、長く乗るための必要なメンテナンス事項、中古車購入時のポイントを解説。


自動車取得税〜新車・中古車ごとの計算方法や減免対象〜

自動車取得税〜新車・中古車ごとの計算方法や減免対象〜

自動車取得税とは自動車取得時に取得者に課せられる税金です。新車、中古車で計算方法が異なり、軽自動車、普通(小型)自動車でも金額が変わってきます。計算方法や、減免(減税)対象になるケースを解説します。


軽自動車の維持費は安い?【普通自動車との年額・月額費用比較や節約術】

軽自動車の維持費は安い?【普通自動車との年額・月額費用比較や節約術】

軽自動車が売れています。2015年度の車販売台数ランキングトップ10を見ると、なんと6台もの軽自動車がランクインしており、圧倒的な支持を得ています。その理由は普通自動車に劣らないクオリティに加え、維持費の安さにあります。ここでは普通自動車と軽自動車を比較しながら、必要な維持費や節約方法をお伝えします。


軽自動車の車検費用の相場とサービスを徹底比較!

軽自動車の車検費用の相場とサービスを徹底比較!

軽自動車は、自動車販売台数のトップを占めるほどの大人気。信号待ちをしている車すべてが軽自動車と言うことも少なくありません。その魅力は維持費の安さ。普通車よりも税金が安いため、車検にかかる費用も抑えられます。


自動車保険料節約のポイント「年齢条件」

自動車保険料節約のポイント「年齢条件」

自動車保険の更新時に保険料をもっと安くできないか検討される方は多いのではないでしょうか。「年齢条件」は保険料を節約するポイントの1つです。年齢条件とはどのようなもので、実際にどのような場面で利用でき、その注意点は何か、などをお伝えします。


任意保険の選び方を自賠責保険との違いから判断しよう

任意保険の選び方を自賠責保険との違いから判断しよう

任意保険は、物や自分の体の損害を補償できる保険であり、これらは加入必須の自賠責保険ではカバーできません。任意保険に入っておかないと、もしもの時、自分も相手も大変なことに。料金相場や、補償の種類・特約・ロードサービスなど選び方のポイント、家族間で譲る場合の注意点をお伝えします。


高齢ドライバー事故が急増!自動車保険でしっかり備えて

高齢ドライバー事故が急増!自動車保険でしっかり備えて

73歳の男性が運転する車が歩道を暴走して7人を死傷させた事故――。93歳の女性が運転する車がバイクに乗った高校生をはね、ひき逃げしたとされる事故――。高齢ドライバーが起こした痛ましい事故の記憶は、まだ残っていることでしょう。


自転車事故の補償は大丈夫?

自転車事故の補償は大丈夫?

みなさんやご家族は、通勤・通学、最寄駅までの移動、近所の買い物などに自転車を利用していませんか? 2014年に日本全国で起きた自転車に関わる事故の件数は10万件強でした(※)。中には、死亡や重度障害に至る深刻な事故もあり、加害自転車の運転者に高額な損害賠償の判決が出されたりで社会問題になっています。

警察庁交通局「平成26年中の交通事故の発生状況」

インターネットのお手続きなら10,000円割引!

はじめてお見積りをされる方

無料お見積り

個人情報不要!補償内容を自由に選べます

お見積りを保存されている方

お見積り確認・お申込み(マイページ)

一括見積りサイトからお見積りされた方もこちらからご確認・お手続きください