自動車保険の使用目的について解説します

自動車保険の保険料を見積もるとき、保険会社から聞かれる項目の一つに「使用目的」があります。車をいろいろな用途に使う人は特に、どの使用目的を選んだらよいか迷ってしまうのではないでしょうか。今回はそれぞれの使用目的の選び方や、保険料や補償に及ぼす影響について解説します。

目次

使用目的とは?

使用目的は自動車保険に加入する際必ず聞かれる項目です

使用目的とは、自動車保険における契約の車を使用する主な目的です。使用目的の種類は保険会社によって若干異なりますが、基本的には「業務使用」、「通勤・通学使用」、「日常・レジャー使用」の3つがあります。なぜ使用目的を設定するのかというと、目的によって運転機会や走行距離が異なり、これにより事故に遭うリスクが変わるからです。そのため使用目的は自動車保険の保険料を決定する重要な要素となり、どの使用目的を選ぶかによって支払う保険料が異なってきます。
 

使用目的の決め方

では「業務使用」、「通勤・通学使用」、「日常・レジャー使用」の3つはどのように区別して選べばよいのでしょうか。具体的には以下のようになっています。
 
・年間を通じて週5日以上または月15日以上業務(仕事)に使用する場合は「業務使用」
・「業務使用」にはあてはまらないが、年間を通じて週5日以上または月15日以上通勤・通学に使用する場合は「通勤・通学使用」
・「業務使用」「通勤・通学使用」のいずれにもあてはまらない場合、例えば休日に買い物に行くときだけ車を使う場合などは「日常・レジャー使用」

こんな場合、使用目的はどれを選ぶ?

使用目的の判断が難しい場合は保険会社に連絡してみましょう

例えば、家族を会社や学校に送迎するために車を使用する場合の使用目的は何を選べばよいのでしょうか。SBI損保では、週に5日以上の送迎であれば「通勤・通学使用」に該当します。幼稚園も「学校」としているため、幼稚園へ送り迎えする場合は「通勤・通学使用」となります(保育園の場合は「日常・レジャー使用」)。
それではアルバイト・パートなどの通勤のため、週2日車を使用する場合はどうでしょうか。この場合は、通勤に使うのが週5日未満(月15日未満)であるため「通勤・通学使用」には該当せず、「日常・レジャー使用」にあたります。
 

気になる保険料はどう変わる?

使用目的は事故リスクの高さによって区分されています

保険料はリスクの度合いによって変わってきます。運転機会や走行距離が最も多い傾向にある「業務使用」は事故に遭うリスクが高いため、保険料が最も高くなります。その次に事故リスクの高い「通勤・通学使用」、その次に運転機会や走行距離の少ない傾向にある「日常・レジャー使用」と、リスクが高い順で保険料が高く設定されています。最も保険料の高い「業務使用」と最も保険料の安い「日常・レジャー使用」とでは、年間数千円も保険料の金額が異なることもあります。

使用目的にまつわる注意点

使用目的の選択によって保険料が異なるからといって、週に5日以上業務で使っているのに、最も保険料の低い「日常・レジャー使用」を選ぶような、事実と異なる使用目的で契約することは絶対にしてはいけません。なぜなら使用目的は告知事項であり、契約者には告知義務があるため、偽って契約していると保険契約が解除され、保険金が支払われなくなってしまうからです。契約時点では書面上で告知義務違反かどうか分からないだろうと思っても、事故があった際には保険会社や調査会社が使用実態を調査することになっているため、すぐに分かってしまいます。

たまたま通勤・通学中に事故に遭ってしまった場合は?

それでは、通勤等での使用頻度が低い(年間を通じての通勤・通学使用の日数条件を下回る)ため「日常・レジャー使用」で正しく契約していた人が、たまたま通勤していたときに事故に遭ってしまった場合はどうなるのでしょうか。この場合は、契約上の使用目的と実際の使用状況は一致しているため、問題なく補償が受けられることになります。使用目的の設定が正しいかどうかは、事故に遭った時点の使用状況ではなく、契約上の使用目的が現実の使用実態と合致しているかどうかで決まります。

使用目的が変わったら

契約条件を変更するときは使用目的も変更がないかチェックしましょう

使用目的には告知義務だけでなく、通知義務もあります。通知義務とは告知した内容の変更が保険期間中にあった場合に、保険会社に遅滞なく通知しなければならない義務のことです。車を長期的に使っていると、家族の成長やライフスタイルの変化などで使用目的が変わることがあります。その場合は保険会社に速やかに連絡をして、変更手続きをしなければなりません。なお、保険料設定の高い「業務使用」から保険料設定の低い「日常・レジャー使用」に変えるような場合は、差額の保険料を返してもらえる場合があります。

まとめ

自動車保険の使用目的は、実態に基づいて設定する必要があります。事実と異なる場合は、保険金が支払われないことがあるので注意しなければなりません。 また使用目的によって保険料が異なるため、契約内容を見直すときは使用目的に変更はないか確認をしましょう。例えば、ライフスタイルの変化などで、「年齢条件」や「運転者限定条件」など自動車保険の契約の条件を見直すことがあります。そのようなときは使用目的にも変更がある可能性が高いので忘れず確認することが適切な保険料に設定するポイントです。選び方の基準をしっかりと理解して、正しい使用目的を設定しましょう。

執筆年月:2017年8月
ファイナンシャルプランナー 松原 きえ

執筆:松原 季恵(まつばら きえ)

CFP®、マイアドバイザー登録ファイナンシャルプランナー。銀行、損害保険会社での勤務経験を経て、FPとなる。現在はお客様サイドに立ち、執筆・セミナーを中心とした情報提供をしている。住宅ローンや生損保商品に詳しく、「お金で楽しい毎日を」を心がけている。

関連コラム
自動車保険料節約のポイント「年齢条件」

自動車保険料節約のポイント「年齢条件」
自動車保険の更新時に保険料をもっと安くできないか検討される方は多いのではないでしょうか。「年齢条件」は保険料を節約するポイントの1つです。年齢条件とはどのようなもので、実際にどのような場面で利用でき、その注意点は何か、などをお伝えします。


自動車保険はゴールド免許で割引に〜免許証の色が変わったときの疑問も解決〜

自動車保険はゴールド免許で割引に〜免許証の色が変わったときの疑問も解決〜
自動車保険は事故を起こすリスクが低いと保険料も安くなる仕組みになっています。ゴールド免許もその1つで「ゴールド免許割引」が適用されます。ここではゴールド免許割引の基本から保険期間の途中で免許証の色が変わったときの取扱いについて説明します。

インターネットのお手続きなら最大10,500円割引!

はじめてお見積りをされる方

無料お見積り

個人情報不要!補償内容を自由に選べます

お見積りを保存されている方

お見積り確認・お申込み(マイページ)

一括見積りサイトからお見積りされた方もこちらからご確認・お手続きください