自動車保険を乗り換えるときの注意点

満期日が近づいてきたり、契約期間の途中であっても車を買い替えたりしたときに、保険料が高い等の理由から自動車保険の乗り換えを検討される方も多いのではないでしょうか。
ここでは等級の引き継ぎや手続きのタイミングなど自動車保険を乗り換えるときの注意点をお伝えします。

等級の引き継ぎはタイミングと事故歴に注意

自動車保険は「等級」(および無事故・事故有区分)によって、保険料の割引・割増があります。等級は事故歴によって決まり、等級が下がると定められた一定の事故がなければ次の継続契約から等級が上がり割引率も高くなる仕組みになっています。

自動車保険を他の保険会社に乗り換える場合でも、今の契約の等級を引き継ぐことができますが、現在の契約期間中の事故の有無によって引き継ぎ方が異なりますので注意しましょう。

現在の契約期間中に事故がない場合

1年の契約の満期日にあわせて乗り換えをした場合には、乗り換え後の契約の等級は上がり、割引率が高くなります。一方、満期日を待たず契約期間の途中に乗り換えた場合は、現在の等級のまま乗り換え後の契約がスタートします。つまり、満期日に乗り換えをした方が早く等級を上げ、割引率を高くすることができます。

現在の契約期間中に事故があった場合

契約期間中に事故があった場合

現在の契約期間中に事故があれば、等級の引き継ぎ方が異なります。この場合、満期日に乗り換える場合も、契約期間の途中で乗り換える場合も、現在の等級から事故の内容(3等級ダウン事故または1等級ダウン事故)と事故件数に応じて、等級が下がります。このため、満期日に乗り換えをした方が等級を下げるのを遅れさせることはできます。ただし、乗り換え後の保険会社の方が等級の割引以上に保険料やサービス面で乗り換えメリットが出るのであれば、契約期間中の解約も検討しましょう。

なお、このように契約期間中の事故の有無によって等級の引き継ぎ方が異なるのは、対面で契約する代理店型等での契約でも、インターネットで申し込みをするダイレクト型の契約でも対応は同じです。

任意解約する場合の注意点

現在の契約期間中に解約をして他社や他の商品に乗り換えをする場合には、以下の3つの点に注意しましょう。

まず、解約返戻金です。解約をした場合には、返還されるお金(解約返戻金)がある可能性があります。しかし、一般に月単位で計算されるため解約のタイミングによってはまだ経過していない期間のお金でも戻ってこない場合があるので注意です。 また、年間保険料を一括で支払っていた場合、解約返戻金は保険会社ごとに定めた「短期率」を用いて計算されるので、経過していない期間に対応する割合より少ない額しか返戻されません。保険料が月払の場合は解約月以降の保険料は支払いませんが、そもそもの保険料が一括払いより多く設定されていることが少なくありません。解約返戻金の金額も含めてメリットがあるのかを考慮し、乗り換えのタイミングを検討しましょう。

次に、保険の空白期間にも注意しましょう。保険の乗り換えによって補償されない期間(保険の空白期間)が発生してしまったら、当然その間の事故には保険金が出ません。解約と同時に次の保険が開始できるように設定しましょう。

そして反対に、重複契約にも注意です。解約日以前に次の保険の補償をスタートさせてしまったら補償が重複した契約になります。重複した期間に例え事故が発生したとしても、保険金は重複して支払われません。つまり、一方の保険料は無駄になってしまいます。解約日と新たに加入する次の補償開始日(始期日)を合わせるようにしましょう。

乗り換えるときの手続き方法の注意点

乗り換えるときの手続き方法の注意点

保険会社を乗り換える場合、現在の契約に関する手続きはどうしたらよいのでしょう。
もし、現在の契約が契約更新の際に手続きが必要な場合は、基本的には現在の保険会社への連絡等の手続きは必要ありません。しかし、自動継続特約などが付いていて、手続きなしで自動的に現在の契約が更新される仕組みになっている場合は、更新しない旨の連絡・解約手続きが必要です。自身の契約がどのようになっているか分からない場合は、現在の契約保険会社が設置している各種相談窓口や、契約者ページ・マイページ等で確認しましょう。

解約してから次の契約まで期間が空く場合の注意点

現在の車を廃車にして新車納車まで期間があるなど、保険の契約も解約から次の契約まで期間が空く場合には「中断証明書」を取得しましょう。

自動車保険における等級は引き継げると先にお伝えしましたが、次の契約の開始日まで原則7日以内でなければならず、これを越えると等級を引き継ぐことができません。このような場合で次の契約が7等級以上となるときは、解約する保険会社に連絡をして中断証明書を発行すれば、10年程度まで等級を引き継ぐ期間を延ばすことができます。

中断証明書の発行手続き

中断証明書は、中断の理由によって提出する書類が異なります。車の廃車・譲渡・返還など車を手放す場合と、海外渡航の場合で異なります。保険会社によっては妊娠によって中断できるものもあります。
以下、参考にSBI損保での書類例を表にしました。

  必要書類の例 備考
廃車・譲渡・返還等の場合
  • 登録事項等証明書
  • 検査記録事項等証明書
  • 譲渡前後の自動車検査証
  • など

海外渡航の場合

基本的には不要だが、お電話でのお手続きの場合「変更手続依頼書」が必要なことも。

契約を再開するときに以下の書類が必要

  • 中断証明書の原本
  • パスポートのコピー
  • 車検証のコピー
  • など

まとめ

自動車保険の契約の乗り換えでどの保険会社にするか迷っている場合には、一括見積もりサイトなどでまずは保険料を比較してみてはいかがでしょうか。

保険料やサービス面でメリットがありそうな保険会社が見つかったら、いつ乗り換えするのが最も効果的か確認しましょう。タイミングによって等級や解約返戻金がどのように異なってくるのか、次の保険までの空白期間はないか、あるのであれば等級を引き継ぐため現在契約している保険会社から中断証明書を発行してもらうことに注意しましょう。

ファイナンシャルプランナー 松原 きえ

執筆:松原 季恵(まつばら きえ)

CFP®、マイアドバイザー登録ファイナンシャルプランナー。銀行、損害保険会社での勤務経験を経て、FPとなる。現在はお客様サイドに立ち、執筆・セミナーを中心とした情報提供をしている。住宅ローンや生損保商品に詳しく、「お金で楽しい毎日を」を心がけている。

関連コラム
自動車保険の車両入替〜車を買い替えたときには忘れずに〜

自動車保険の車両入替〜車を買い替えたときには忘れずに〜
車を買い替えたときには、今入っている自動車保険の補償を新しい車に適用するために、「車両入替」という手続きが必要になります。今回は車を買い替える前に、タイミングや条件などをしっかり理解しておく必要がある、車両入替の手続きについて解説します。


車の修理代金を補償する「車両保険」の上手な入り方・使い方

車の修理代金を補償する「車両保険」の上手な入り方・使い方
自動車保険で受けられる補償は、大きく3つに分かれています。相手の身体や物を傷付けてしまったときのための補償、自分や搭乗者の身体が傷付いてしまったときのための補償、自分の車が傷付いたり壊れたりしてしまったときのための補償の3つです。「車両保険」は車の損害を補償するもので、事故に遭ってしまったときの車の修理代金などはこの車両保険から補うことができます。今回は、車が事故によって修理や買い替えが必要になった場合に役立つ「車両保険」との上手な付き合い方について解説します。

インターネットのお手続きなら最大10,500円割引!

はじめてお見積りをされる方

無料お見積り

個人情報不要!補償内容を自由に選べます

お見積りを保存されている方

お見積り確認・お申込み(マイページ)

一括見積りサイトからお見積りされた方もこちらからご確認・お手続きください