事故の種類

保険期間中の事故で保険を使用した場合、その事故の内容によって、「3等級ダウン事故」、「1等級ダウン事故」、「ノーカウント事故」の3種類に分けられ、それぞれの事故の内容は以下のとおりです。

3等級ダウン事故の一例

他人をケガさせて対人賠償保険金が支払われた

他人の車や物を壊して対物賠償保険金が支払われた

建物などに契約自動車をぶつけて車両保険金が支払われた

※1等級ダウン事故やノーカウント事故に該当しないものは3等級ダウン事故になります。

3等級ダウン事故1回につき、翌年度のノンフリート等級が3等級下がります。なお、上記は一例であり、3等級ダウン事故の詳細はこちらをご確認ください。

1等級ダウン事故の一例

契約自動車が盗難にあい車両保険金が支払われた

台風や洪水、火災などにより車両保険金が支払われた

ダミー画像

いたずらや落書、窓ガラス破損などにより車両保険金が支払われた

1等級ダウン事故1回につき、翌年度のノンフリート等級が1等級下がります。なお、上記例は一例であり、1等級ダウン事故の詳細はこちらをご確認ください。

ノーカウント事故の一例

人身傷害補償保険や搭乗者傷害保険の保険金のみ支払われた

弁護士費用補償特約の保険金のみ支払われた

自転車での事故で自転車事故補償特約の保険金のみ支払われた

ノーカウント事故は、保険金が支払われても等級が下がらない(事故としてカウントしない)事故を指します。
上記例は一例であり、ノーカウント事故の詳細はこちらをご確認ください。

保険を使って保険金を受け取り、ノンフリート等級をダウンさせるよりも、保険を使わずにノンフリート等級を進行させて、翌年の保険料に割引が適用された方が経済的にお得となる場合がありますので、保険を使う前に翌年の保険料がどうなるか事前に契約している保険会社に確認することをおすすめします。

事故有係数・無事故係数

等級別割増引率は『無事故』と『事故あり』に区分されます。

つまり、前年に事故があった方となかった方では割引率が異なります。
たとえば同じ10等級でも、翌年の保険料は「事故あり」の方が「無事故」で10等級に上がった契約よりも高くなります。

事故有係数適用期間

前契約で事故があった場合、「事故あり」の割引・割増率を適用する期間のことを、「事故有係数適用期間」といいます。

たとえば、3等級ダウン事故を起こして、翌年以降無事故だった場合の「事故有係数適用期間」は以下のとおりです。

3等級ダウン事故を2年連続で起こしてしまった場合の「事故有係数適用期間」は以下のとおりです。

ご注意
  • 新契約の事故有係数適用期間は、3等級ダウン事故1件につき「3年」、1等級ダウン事故1件につき「1年」を加算し、保険期間が1年を経過するごとに「1年」を減算します。
  • 初めてご契約される場合の事故有係数適用期間は「0年」となります。(「0年」のときは「無事故係数」を適用します。)
  • 事故有係数適用期間は「6年」を上限、「0年」を下限とします。

インターネットのお手続きなら最大10,500円割引!

はじめてお見積りをされる方

無料お見積り

個人情報不要!補償内容を自由に選べます

お見積りを保存されている方

お見積り確認・お申込み(マイページ)

一括見積りサイトからお見積りされた方もこちらからご確認・お手続きください