保険料のお見積りについてご説明します。
当Webサイトでのお見積りは、保険料の概算をご案内するものです。

お見積りの流れ

入力いただく項目について

耐火基準
建築基準法で定められている耐火基準のことをいいます。
建築確認申請書、お住まいのパンフレット・仕様書等で確認できます。

建物構造
柱の素材によって決定します。「木造」「鉄骨造」「コンクリート造」等があります。
建築確認申請書、確認済証(確認通知書)または検査済証、建設住宅性能評価書、登記簿謄本または全部事項証明書、売買契約書、重要事項説明書、仕様書、図面、お住まいのパンフレット等で確認できます。

面積(専有面積/延床面積)
建築確認申請書、建物登記簿謄本、建物登記済権利書等で確認できます。
わからない場合は下記リンクの表を目安に設定してください。

一戸建の場合
マンションの場合



補償範囲
「建物のみ」「建物と家財両方」のいずれかをお選びください。

火災保険の保険料について

割引メニューの内容

火災保険の保険料は主に以下の要素によって決まります。

  • 保険金額
  • 補償範囲
  • 費用保険、特約の有無
  • 各種割引の有無
  • 建物の用法、構造級別

これらの項目の多くはお見積り結果のページで修正できますので、お客さまのニーズに合った補償内容での保険料をお調べいただけます。

補償範囲

Webページでのお見積りでは、以下の補償の有無を建物、家財それぞれについて選ぶことができます。

  • 火災、落雷、破裂・爆発
  • 風災、雹災、雪災
  • 水災
  • 盗難
  • 水濡れ、外部からの物体の衝突、騒擾
  • 破損等

それぞれの補償の詳細はこちらをご覧ください。

構造級別

構造級別は、建物構造や耐火基準によって決まります。
お住まいの構造級別は、下記フローチャートによりご確認ください。
なお、このフローチャートは簡易判定となり、あてはまらない建物もありますので、あてはまらない場合はSBI損保サポートデスク(0800-170-7450/受付時間 平日9:00〜20:00 土・日・祝日10:00〜20:00 ※12/31〜1/3を除きます。)までご連絡ください。

上記はお住まいが住居のみに使用される建物(専用住宅)の構造級別判定フローチャートとなります。住宅兼店舗のように、お住まいが事業にも使用される建物(併用住宅)の場合は構造級別が異なります。

注意事項
「 耐火建築物」「準耐火建築物」「省令準耐火建物」に該当する場合、柱のみで構造を判定した場合と比べて保険料が大幅に安くなる可能性がありますので、柱が木造の場合の構造級別の判定にあたってはご注意ください。
はじめてお見積りをされる方

無料お見積り

お客さまのニーズにあわせて、豊富なラインナップの補償から自由に選べます

お見積りを保存されている方

お見積り確認(マイページ)

一括見積りサイトからお見積りされた方もこちらからご確認・お手続きください

お電話でのお見積り・お問い合せ

SBI損保サポートデスク(火災保険専用)

0800-170-7450

受付時間    平日  9:00〜20:00     土・日・祝日  10:00〜20:00 

※12/31〜1/3を除きます。

「SBI損保の火災保険」お電話でのお見積り・お問い合せ

SBI損保サポートデスク

0800-170-7450

受付時間    平日  9:00〜20:00     土・日・祝日  10:00〜20:00 

※12/31〜1/3を除きます。