ご加入者さまに向けてアンケートを実施したところ沢山の貴重な声が寄せられました。このページでは、そのうちの一部をみなさまにご紹介します。

Q.1 Restaに加入する前の悩みは何ですか?

Q.2 Resta加入の決め手は何ですか?

調査期間:2010年6月16日〜20日 調査方法:インターネットアンケート 調査対象者:リスタご加入者さまのうち1104名 有効回答数:127名

実際にご加入いただいたお客さまの声

他の保険会社に比べて保険料が安かった。

安心感はある程度持つ事ができた。時々メールが来るのは好いことだと思う。
(東京都 葛飾区 N・K様 50代男性)

子育て世帯なので急な出費が不安でなりませんでした。

不満はないです。更新案内も余裕をもって送られてきます。変更事項がなければ更新は自動で行われるところもいいです。
(岐阜県 羽鳥市 40代男性)

地震保険の「火災保険金額の半分までしか加入できない」という部分に不満を感じている方は多いはず。

手頃な保険料には驚きました。当然、毎月口座から引かれる掛金が小さい訳ですから「保険料を支払っている」的な負担感が正直殆どないため、加入していた事を忘れてしまいがちです(笑)。それゆえに、毎年更新時期前に送られて来る書類を確認したとき「あっ、守られていたんだ」という確かな安心感が得られ、ここでいつも満足しています。災害情報メールについても利用しています。市町村でよくある防災メールと異なり、広い地域で対応していてある程度以上の規模の時のみ機能するため、いざという時に助かります。
(宮城県 仙台市 Y・K様 40代男性)

不明な点を問い合わせた際も、気持ちよく丁寧に対応して頂きました。

お金の問題だけではありませんが、いざという時の経済的な不安が軽くなったと思うだけで安心感はあります。資料請求から加入までの手続きもスピーディでした。一度不明な点を問い合わせた際も、気持ちよく丁寧に対応して頂きました。
(神奈川県 横浜市 S・K様 40代女性)

家の価値ではなく居住人数で算出するところが加入の決め手。

もし地震が来ても、すぐに家が建つわけではないので当面の資金がもらえるというのは安心できると思う。
(静岡県 沼津市 A・S様 30代男性)

テレビや新聞では知ることが出来なかった地震への備えを更に深く知ることが出来ました。

神戸地震体験者の方々の震災後の生活や困った事柄をリスタからのメールマガジンで知り、今までテレビや新聞では知ることが出来なかった地震への備えを更に深く知ることが出来ました。
(埼玉県 加須市 K・S様 60代男性)

たったの2クリック!

お見積り

翌日から補償開始

お申込み

お見積りは個人情報不要!都道府県と建物構造を選択するだけ

取扱代理店
SBI損害保険株式会社
〒106-6018 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー18F
※SBI損保は取扱代理店として、保険契約の締結の媒介を行います。締結代理権は有しておりません。
引受少額短期保険業者
SBIリスタ少額短期保険
〒106-6015 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー15F

●この保険の正式名称は「地震被災者のための生活再建費用保険」です。
●ご検討にあたっては契約概要、注意喚起情報、普通保険約款を必ずご確認下さい。
●SBIリスタ少額短期保険株式会社は、契約に関する個人情報を、保険契約の引受判断・履行(保険金支払等)および各種サービスの案内または提供のために利用します。その他SBIリスタ少額短期保険株式会社の個人情報取扱に関する詳細については、SBIリスタ少額短期保険株式会社のホームページ(http://www.jishin.co.jp/script/rd.aspx?agta=0454)をご覧ください。
●SBIリスタ少額短期保険株式会社でお見積り・ご契約いただいた際に告知いただいた内容は、取扱代理店へ提供されます。
●取扱代理店およびその担当者(少額短期保険募集人)はお客様とSBIリスタ少額短期保険株式会社の保険契約締結の媒介を行うもので、告知受領権や保険契約締結の代理権はございません。保険契約はお客様からの保険契約のお申込みに対してSBIリスタ少額短期保険株式会社が承諾したときに有効に成立します。
●Resta(リスタ)と地震保険とでは、保険契約のお引き受け条件や保険金のお支払い基準が異なります。
●このページでは、2012年3月1日改定の保険料を表示しております。