「もしかしたら…。がんにかかるリスク、知っていますか?」 - SBI損保のがん保険

がん保険は、SBI損保をよろしく

  • SBI損保のがん保険(自由診療タイプ)は、自由診療まで実額で補償する新しいタイプのがん保険です。
  • 「ブラックジャックによろしく」の原作をもとにSBI損保のがん保険(自由診療タイプ)の商品説明をいたします。

登場人物紹介

  • 斉藤 英二郎
    斉藤 英二郎
    研修医。保険については何も知らない。
  • 辻本 良江
    辻本 良江
    膵がん患者(年齢40歳代)。夫と2人の子供がいる。日額補償タイプのがん保険に加入。
  • 辻本 正志
    辻本 正志
    良江の夫。45歳。一般的なサラリーマン。

第1話『もしかしたら…。がんにかかるリスク、知っていますか?』

膵がんと診断された辻本さんと、日本人のがん患者総数
Check

がんの患者数は年々増加の一途…いまや298万人(※1)

がん患者数の推移…平成20年で298万人

いま、私たちの生活の中で、がんは身近な病気のひとつになっています。
年間約74万人の方ががんと新たに診断されており、(※2)がんの患者数は平成20年で約298万人にまでのぼり、年々増加傾向にあるのが現状です。

  • ※1 〔出所〕厚生労働省「平成20年患者調査(推計患者数の年次推移、入院-外来×疾病分類別」
  • ※2 〔出所〕国立がん研究センターがん対策情報センター「全国がん患者モニタリング集計2007年患者数・率報告」
生涯で約2人に1人の割合でがんに罹ってしまうと言われているが、医療技術の進歩により、がんの死亡率は年々減少している
Check

性別、年齢でがんの罹患率は大きく異なります

  • 男性の年齢別罹患率…生涯で58%の男性が、がんに罹患と言われています
  • 女性の年齢別罹患率…生涯で43%の女性が、がんに罹患と言われています

がんの罹患率は男性が30代後半、女性が20代後半から徐々に高くなり、60歳以降は男性が女性に比べて顕著に高くなります。
いまや生涯に、男性の58%、女性の43%ががんに罹患するといわれています。(※3)

  • ※3 〔出所〕国立がん研究センターがん対策情報センター
辻本さんへ最適な治療を行うには、国内未承認薬の使用が望ましいが、保険適用外のため、出費がかさむ。辻本さんはベストな治療を受けることができるのか?そんなときSBI損保のがん保険に加入していると・・・
Check

SBI損保のがん保険なら、公的保険適用外の治療も全額補償安心して最善のがん治療に専念出来ます。

SBI損保のがん保険と日額補償タイプのがん保険のちがい
SBI損保のがん保険は実際にかかった治療費を全額お支払いします!
  • ※1 公的医療保険制度にて保障されるべき金額(公的保険診療を自由診療にて行った場合の公的保険診療相当分、高額療養費相当分額)はお支払いの対象となりません。治療費等の実額を支払う他の保険契約がある場合は、他の保険契約を含めた治療費の実額が保険金の限度となります。
  • ※2 がん診断保険金なし、または100万円以外で契約している場合は、その金額となります。
  • ※3 通院治療費はご契約ごと(5年ごと)に1,000万円までとなります。

SBI損保のがん保険は、実際にかかったがんの治療費をお支払いするので、治療費を気にせず、安心して最善の治療方法でがん治療に専念できます。

  • ご自身の保険料を調べたい方
    保険料を試算する
  • SBI損保のがん保険についてもっと知りたい方
    資料請求をする
2016年1月 W-12-2695-038 ページトップへ
© SBI Insurance Co,. Ltd.