交通事故の賠償問題の解決方法には、「示談」「裁判外紛争解決手続」「調停・訴訟」などがあります。
ここではそれぞれの解決方法についてご紹介します。

示談

示談とは、賠償内容などを当事者間の話し合いにより決定することです。
通常は、加入している保険会社が窓口となり、お客さまに代わって示談交渉を行います。しかし、お客さま自身に過失(責任)がまったくない被害事故、たとえば信号待ちで停車中に追突された場合などは、保険会社はお客さまに代わって示談交渉を行うことができず、お客さま自身で加害者側と示談交渉を行わなければなりません。
しかし、そのような場合でもSBI損保の事故相談サービスでは、お客さまの事故解決までご相談を承りますのでご安心ください。

裁判外紛争解決手続(紛争解決機関の利用)

裁判外紛争解決手続とは、第三者が公正な立場で関与し、裁判によらず問題の解決を図るものです。
交通事故に関する紛争解決機関としては、「交通事故紛争処理センター」や「そんぽADRセンター」が代表的です。その他、自賠責保険の専門機関として「自賠責保険・共済紛争処理機構」があります。

詳しくは、各機関のホームページなどをご確認ください。

調停

調停とは、簡易裁判所に申立てを行い、当事者双方が自由に主張を述べ、譲り合いながら解決を図るものです。
双方の主張を基に調停委員会が解決案を提示します。折り合いのつく状況であれば早期の解決が見込めます。しかし、双方の同意がなければ成立しません。調停での解決は、裁判と同じ効力があります。

訴訟

訴訟とは、裁判所に申立てを行い、裁判官が当事者双方の主張を法律に照らして、どちらの言い分が正しいかを決める制度です。
双方の意見が対立している場合でも、最終的には結論が出されます。しかし、調停と比べ解決までに費用と時間がかかります。

事故のご連絡・ロードサービスの受付はこちらから

SBI損保安心ホットライン

0800-2222-581

24時間365日受付

※携帯電話・PHSからでもご利用になれます。

ご注意

万が一、事故が発生した場合は、直ちにSBI損保までご通知ください。
ご通知が遅れますと保険金のお支払いが遅れる場合がありますのでご注意ください。
IP電話などで上記フリーコールが繋がらない場合は、恐れ入りますが下記の番号へお掛けください。
050-3786-0581(有料)

インターネットのお手続きなら最大10,500円割引!

はじめてお見積りをされる方

無料お見積り

個人情報不要!補償内容を自由に選べます

お見積りを保存されている方

お見積り確認・お申込み(マイページ)

一括見積りサイトからお見積りされた方もこちらからご確認・お手続きください