こんなとき「補償」はしっかり受けられるの?

自宅の駐車場に車を入れようとしたときに、誤って駐車場の壁を壊してしまった。自分で自分のものを壊したんだから、自動車保険は使えませんよね?

お客さまご自身のものをご自身で壊してしまった場合、対物賠償保険は使えません。また、お車の損害でもないため、車両保険も使えません。
このような場合に備えて、「自宅・車庫等修理費用補償特約」をおすすめしています。

ご注意

「自宅・車庫等修理費用補償特約」は、車両保険を付帯しているご契約に付帯することができます。

「自宅・車庫等修理費用補償特約」付帯のメリット

ご自身の自宅や車庫は、ご自身の自動車保険の対物賠償保険のお支払い対象とはなりません。しかし、この特約を付けるとお支払い対象とすることができます。

自宅・車庫等修理費用補償特約の詳細

自分の車でゴルフにでかけたところ、電柱に衝突してしまってトランクに積んでいたゴルフバッグが壊れてしまった。こんなとき、自動車保険は使えませんか?

お客さまご自身のものをご自身で壊してしまった場合、対物賠償保険は使えません。また、お車の損害でもないため、車両保険も使えません。
このような場合に備えて「車内外身の回り品補償特約」をおすすめしています。

ご注意

お支払いする保険金は、時価額(修理の場合は修理費)から自己負担額(3,000円)を引いた額(30万円限度)となります。

「車内外身の回り品補償特約」付帯のメリット

ご契約のお車で外出中にご契約のお車に載せていた身の回りの品や日用品が事故や火災で破損したり盗難に遭ったりした際に、保険金をお支払いします。

車内外身の回り品補償特約の詳細

ひとりで運転しているときに、電柱にぶつかってケガをしてしまった。人身傷害補償保険を付けていないんだけど、ケガの治療費は出ませんか?

ご契約のお車に搭乗中の方がケガをされた場合で、自賠責保険などの保険金が支払われないときは、「自損事故保険」によって保険金をお支払いします。

ご注意

人身傷害補償保険を付帯している場合で、人身傷害補償保険と自損事故保険の両方の補償対象となるときは、人身傷害補償保険から保険金をお支払いします。

「自損事故保険」付帯のメリット

運転ミス等による自損事故でご契約のお車に乗車中の方が死傷し、自賠責保険かつ人身傷害補償保険による補償が受けられない場合、被保険者1名につき次の保険金をお支払いします。

死亡保険金

1,500万円 後遺障害保険金と合わせて1,500万円限度

後遺障害保険金
  1. 重度後遺障害を被り介護が必要な場合
  • 後遺障害等級が第1級の場合・・・2,000万円
  • 後遺障害等級が第2級の場合・・・1,500万円
  1. 上記①以外の場合、後遺障害の程度により1,500万円〜50万円
介護費用保険金

200万円

医療保険金

平常の生活または業務に従事できる程度に治った日までの期間における治療日数1日につき、入院6,000円、通院4,000円(100万円限度)

自損事故保険の詳細

インターネットのお手続きなら10,000円割引!

はじめてお見積りをされる方

無料お見積り

個人情報不要!補償内容を自由に選べます

お見積りを保存されている方

お見積り確認・お申込み(マイページ)

一括見積りサイトからお見積りされた方もこちらからご確認・お手続きください