それでは「自動車保険」は何を補償してくれるのでしょうか?先ほどの事故のケースを踏まえて確認してみましょう。

自動車保険の補償内容

先ほど自賠責保険と自動車保険のそれぞれの違いについてお話しましたが、今度は自動車保険の補償内容について詳しくみていきましょう。
自動車保険の補償内容は大きく分けると以下の3つの種類があります。

相手方への補償
あなたや同乗者のケガの補償
あなたの車に対する補償

この3つの補償内容でご自身と事故の相手方のケガやお車の損害に対して、保険金のお支払いをしています。

では、前ページの自賠責保険の時と同じ事故のケースにあてはめて考えてみましょう。

CASE 信号待ちで停車中の車に追突!自分と相手の車を壊してしまい、相手の方にもケガを負わせてしまった。

CASE
信号待ちで停車中の車に追突!
自分と相手の車を壊してしまい、相手の方にもケガを負わせてしまった。

先ほどと同じケースの場合、自動車保険に加入していたら自己負担はいくら位かかるのでしょう?自動車保険の補償内容と併せてご紹介します。

【契約内容】対人賠償保険:無制限、対物賠償保険:無制限、人身傷害補償保険:3,000万円、搭乗者傷害保険:1,000万円、車両保険種類:一般車両、車両保険金額:100万円、車両自己負担金額:5(車対車免0)-10万円、車両損害に関するレンタカー費用特約、保険金額(一日あたり)10,000円

インターネットのお手続きなら10,000円割引!

はじめてお見積りをされる方

無料お見積り

個人情報不要!補償内容を自由に選べます

お見積りを保存されている方

お見積り確認・お申込み(マイページ)

一括見積りサイトからお見積りされた方もこちらからご確認・お手続きください