自動車の保険といっても、大きく2種類に分けれられます。それは「自賠責保険(強制保険)」と「自動車保険(任意保険)」です。では2種類の保険にはどのような役割があるのでしょうか。

自賠責保険と自動車保険の違い

自動車の保険には「自賠責保険(強制保険)」と「自動車保険(任意保険)」の2種類があり、加入義務や補償範囲などに大きな違いがあります。

加入の義務について

まずは、加入の義務についてご説明します。
自賠責保険は車を購入する時に必ず加入することになっており、また車検時においても自賠責保険の加入がないと車検が通らないことになっています。
つまり、事実上車を運転するときは必ず自賠責保険に加入することになります。
一方の自動車保険の加入は任意となっていますが、その重要性から加入率は高く、現状では約7割の方が加入されています。

補償の範囲について

次に、補償範囲についてご説明します。
もしも事故を起こしてしまった時、自賠責保険は事故の相手方のケガ・死亡のみを補償します。
一方の自動車保険は、自賠責保険で補償されない部分をカバーすることができます。
補償の範囲は以下の図をご覧ください。

こんなに違う!自賠責保険と自動車保険の補償範囲

自賠責保険と自動車保険の補償範囲表

では、実際の事故のケースにあてはめて考えてみましょう。

CASE 信号待ちで停車中の車に追突!自分と相手の車を壊してしまい、相手の方にもケガを負わせてしまった。

CASE
信号待ちで停車中の車に追突!
自分と相手の車を壊してしまい、相手の方にもケガを負わせてしまった。

このようなケースの場合、自賠責保険しか加入していなかったら自己負担はいくら位かかるのでしょう?自賠責保険の具体的な補償事例をご紹介します。

自分ひとりで負担する金額としては大変ですよね?
万が一に備えて、自動車保険への加入を強くおすすめします。

インターネットのお手続きなら10,000円割引!

はじめてお見積りをされる方

無料お見積り

個人情報不要!補償内容を自由に選べます

お見積りを保存されている方

お見積り確認・お申込み(マイページ)

一括見積りサイトからお見積りされた方もこちらからご確認・お手続きください