自動車保険って、自動車販売店や近くの保険代理店で加入してたけど…。
そもそも、なぜインターネットや電話で保険を販売するようになったの?代理店型とダイレクト型(通販型)の違いについてご説明します。

従来の代理店型保険会社といえば

パソコンやインターネットが普及する以前は、自動車保険を販売するにあたって全国に支社や支店を展開し、さらにそこから代理店を介してお客さまへ自動車保険の提供をおこなっていました。

従来の保険会社といえば…

支社・支店や代理店を介することでお客さまと対面して保険を説明できるメリットがある一方で、その間に必要な人や書類が膨大になり、それに比例してコストがかかっているため結果として保険料に影響してしまっていました。

インターネットなどを活用したダイレクト型損保

一方のダイレクト型損保は支社・支店などを持たず、人や書類を極力介さずに電話やインターネットを通じて保険契約をお客さまと行います。

インターネットなどを活用したダイレクト型損保

これによって削減できたコストを保険料に反映させることで、リーズナブルな保険料の提供が可能になりました。

インターネット割引とは?

従来の保険契約は、保険代理店の担当者やコールセンターのオペレーターの説明を受けながら、申込書に記入・捺印する手続きでしたが、インターネットの普及とともにウェブ上で手続きができるようになりました。
これによって、お客さまの利便性が上がっただけでなく、保険会社にとっても申込書のやりとりがなくなり、業務の効率化がさらに進みました。
その業務の効率化によって削減できたコストを保険料に反映させる、それが、インターネット割引というものです。

インターネット割引でさらにおトクに
新規でも更新でも10,000円割引!

新規のご契約でも、継続(更新)のご契約でもインターネットからのお申込みで保険料が10,000円割引になります!

インターネットのお手続きなら10,000円割引!

はじめてお見積りをされる方

無料お見積り

個人情報不要!補償内容を自由に選べます

お見積りを保存されている方

お見積り確認・お申込み(マイページ)

一括見積りサイトからお見積りされた方もこちらからご確認・お手続きください